5012 東燃ゼネラル石油 東証1 15:00
1,165円
前日比
+5 (+0.43%)
比較される銘柄: JX昭和シェル出光興産
業績: 今期予想
石油・石炭
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.7 1.75 4.08 3.75

銘柄ニュース

戻る
2015年11月27日11時41分

注目銘柄ダイジェスト(前場):住友鉱、日本アジア、ブランジスタなど


住友大阪セメ<5232>:476円(前日比-20円)
さえない。前日にセメント協会では、10月のセメント販売実績を発表している。国内販売量は407万トンで前年同期比3.3%減となったもよう。中旬まではプラスだったものの、結局はマイナス着地となっている。また、11月20日までの国内販売量伸び率は一段と減少幅が広がっているようだ。国内ウェイトの高い同社にはネガティブなイメージが強まる状況のようだ。

住友鉱<5713>:1428円(前日比+45円)
続伸。資源価格の上昇を背景に、本日は非鉄金属セクターが業種別上昇率のトップになっている。銅市況は2%弱、ニッケル市況は3%強の上昇となった。背景として、中国が金属相場の下支えに動くといった思惑の高まりなどが挙げられるようだ。当局による貴金属の購入、業界での減産の方向性などが期待される状況に。非鉄金属大手の同社などには先行き期待も高まる形。

日本アジアG<3751>:613円(買い気配)
ストップ高買い気配。未定としていた今期の年間配当金を30円にすると発表している。第3四半期末に記念配当20円、期末に普通配当10円を実施する。前期実績は無配であった。前日終値をベースとすると、年間配当利回りは5.8%超の水準になるため、利回り妙味が一気に高まる状況となっている。

東燃ゼネ<5012>:1185円(前日比-44円)
売り優勢。大和証券が投資判断を「3」から「4」に格下げ、売り材料視されている。短期的に増配余地が乏しいと見込まれるほか、JXHDとの統合交渉が中長期的な配当水準の不透明感につながることを考慮すると、慎重な投資スタンスが推奨されるとしているもよう。株価を支えてきた高利回りプレミアムの剥落を警戒へ。

日清紡<3105>:1461円(前日比-98円)
大幅反落。前日に業績予想の下方修正を発表、通期営業利益は従来予想の200億円から140億円に減額修正している。子会社の日本無線が70億円予想から30億円に下方修正していることが主因、ソリューション・特機事業や通信機器事業の売上が下振れする格好に。また、繊維事業やブレーキ事業の海外子会社の業績も予想を下回るようだ。修正幅の大きさにはインパクトも。

ブランジスタ<6176>:1657円(前日比+159円)
大幅続伸。子会社としてブランジスタゲームを設立したことに伴い、同社の事業目的を定款に追加すると発表している。今後のオンライン・スマホゲームの展開への期待が根強く、足元の株価は25日線に沿ったリバウンドを見せている。作詞家の秋元康氏を迎え、アイドルグループ「AKB48」に関連したゲームを開発すると一部メディアで報じられたことをきっかけに、株価は10月下旬から急伸していた。

ウェルス<3772>:973円(前日比+23円)
一時ストップ高まで急伸。10月7日に公表している特別目的会社を通じた堂島ホテルの取得について、特別目的会社に対する同社の出資金額が10.51億円(当初予定額は約6.70億円)で確定したと発表している。出資割合は39%となり、この特別目的会社は同社の持分法適用会社となる。なお、子会社のリシェス・マネジメントが本物件に関する今後の戦略の策定に伴い1.00億円の報酬を受領する予定としている。

データセク<3905>:625円(前日比+66円)
一時ストップ高まで急伸。米Sprinklr, Inc.及びスプリンクラージャパンと、日本におけるテクニカルパートナーとしての業務提携契約を実施したと発表している。米Sprinklr社は、SNSを利用したソーシャルメディアマネジメントプラットフォーム「Sprinklr」の開発・提供を行っている。設立からの6年で、米Sprinklr社のネットワークは世界77ヶ国に及び、提供企業も全世界で1000社を超えるという。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均