貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
TDCソフトの【株価予想】【業績予想】を見る

4687TDCソフト

東証1
881円
前日比
-13
-1.45%
比較される銘柄
DIT, 
NESIC, 
伊藤忠テクノ
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
1.75 14.08
時価総額 221億円

銘柄ニュース

戻る

TDCソフト Research Memo(7):中期経営計画「Shift to the Smart SI」を推進


■TDCソフト<4687>の2020年3月期 主要施策の状況

同社グループは2019年4月から2022年3月における中期経営計画「Shift to the Smart SI」において、「次世代型システムインテグレーター」を目指し、市場の潜在ニーズを捉え、デジタル技術の新たな潮流に対応した次世代型のシステムインテグレーション(SI)事業へと進化することをビジョンに掲げている。主要戦略は「高付加価値SIサービスの追求」と「SIモデル変革の推進」としており、具体的には、顧客のビジネスのイノベーション支援等を通じた営業活動を推進する組織や、顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向けて、先端技術を駆使しスピーディーかつ効率的な課題解決をアカウント事業部門と連携し実現する組織を創設し、技術者の確保・育成や研究開発投資、顧客への提案活動等を強化している。2020年3月期においては、重点戦略分野としてアジャイル関連事業とセキュリティ関連事業を定め、高付加価値SIサービスの業績を牽引した。業績目標においては、2022年3月期の売上高30,000百万円(2020年3月期実績:27,795百万円)、うち高付加価値SIサービスの売上高構成比を20%程度(同6.8%)まで拡大する計画である。

1. 継続的な成長基盤を構築するために組織を新設
(1) デジタルテクノロジー本部
ハイスキル人材を集約し、事業部門と連携してDX等の高付加価値ビジネスをけん引する。2020年3月期の重点戦略分野であるアジャイル関連事業及びセキュリティ関連事業の事業推進が注力テーマの1つである。

(2) ビジネスイノベーション本部
M&Aやベンチャーキャピタルとのオープンイノベーション活動を行う。世界有数のビジネスアジリティのフレームワークであるSAFeを提供している米Scaled Agile,Inc.(SAI)とのパートナー制度においてBronze PartnerからGold Partnerにアップグレードしている。なお、ゴールドパートナー契約は日本で2社目となる。また、セキュアで高速・大容量なIoTプラットフォームを提供するLTE-Xとの資本・業務提携を締結した。

(3) スマートSI推進室
自動化などを用いた均質で効率的なプロジェクト運営手法の確立や、ハイスキル人材のシェアリングなど、従来の枠組みからの変革を推進し、独自のSIモデルを構築する。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)

《ST》

 提供:フィスコ

日経平均