4666 パーク24 東証1 15:00
3,000円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: 日本駐車場パラカエリアリンク
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
33.1 5.17 2.33 0.45
決算発表予定日  2018/12/17

銘柄ニュース

戻る

個人投資家株ファイター:シェアリングエコノミー関連銘柄【FISCOソーシャルレポーター】


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「株ファイター」氏(ブログ「株ファイターの株報道」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

2018年5月15日9時に執筆

シェアリングエコノミー市場が拡大している。日本でも民泊やライドシェアなどが普及しつつある。利用者にとっては、費用を抑えつつも希望のサービスを利用できるメリットがある。資産の有効活用にもなるため、シェアリングによって経済の無駄を省くことが可能だ。

■民泊拡大に期待
日本では訪日外国人観光客の増加が続いており、宿泊施設が不足傾向だ。ホテルの新設などの対応が進められているものの、2019年ラグビーワールドカップや2020年東京五輪の開催を考えると、迅速に宿泊施設を増やす必要がある。民泊ビジネスを活発化させることができれば、短期間で宿泊施設を確保しやすくなる。

民泊については周辺住民からの苦情が発生するなど課題も見られる。しかし、適切な規制整備が進むことで、中長期的には個人が不動産の空きスペースなどを民泊用に提供しやすくなると考えられる。宿泊施設が乏しい地方部での空き家問題解消にも寄与し得る。民泊関連銘柄はすでに賑わっているものの、高い成長性が期待できることからさらに短期の資金が流入する可能性がある。

■ライドシェアの広がりも追い風
自動車を個人所有するとなると、各種の税金や保険料、車検代などがかさんでしまう。鉄道ネットワークが密に張り巡らされている都市部を中心に、自動車を保有していても乗車機会が限られている世帯も少なくない。また、地価の高い都心部では駐車場料金も高く、自動車保有にかかるコストは大きい。とはいえ、週末のレジャーや買い物の際には自動車が欠かせないと考える世帯も少なくないだろう。

コストを抑えつつ自動車を利用する手段としてライドシェアの活用がある。1日だけ高級車を利用したいと考えるカップルなどの需要も取り込みながら、ライドシェア市場は着実に拡大している(矢野経済研究所「レンタカー&カーシェアリング市場に関する調査結果2015」より)。単身世帯が増加し、1台の自動車を世帯内で効率よく共有しづらくなっていることも、ライドシェアの拡大を後押しするのではないか。

■シェアリングエコノミー関連銘柄

シェアリングテクノロジー<3989>
企業名に「シェアリング」が含まれることから関連銘柄として注目されやすい。成長力のあるマザーズ上場銘柄でありながら過度な割高感がなく、株価急騰の余地がある。

AMBITION<3300>
民泊市場が拡大すれば恩恵を受けられる。信用買いが多い銘柄であり、レバレッジをかけて株価急騰を狙う投資家が少なくない。株価変動が大きくなりやすいため、短期の値幅取りには適している。

トレジャー・ファクトリー<3093>
シェアリングエコノミーが拡大する中、モノの所有を減らしたいと考える層が増えれば商材を確保しやすくなる。メルカリなどオンラインのサービスにどこまで対抗できるかに要注目だ。

TATERU<1435>
「TATERU bnb」、「TRIP PHONE」といった旅行者向けサポートサービスの提供などを実施しており、効率よくサービスを提供したい民泊施設などからの需要に期待できる。不動産経営サポートも実施しており、民泊用不動産の発掘にも貢献し得る。

パーク24<4666>
カーシェアリング事業を育成しており、さらなる業績拡大に期待できる。右肩上がりの業績や連続増配などが好感されており、PERは30倍程度となっているが、テーマ性が意識されればさらなる値上がりも考えられる。

プロパスト<3236>
不動産再生にも取り組んでおり、民泊拡大に伴い不動産の用途が広がることは追い風だ。指標面では割安になりがちな不動産株に注目が集まれば、民泊増が追い風となるプロパストに資金が集まる可能性がある。

APAMAN<8889>
不動産情報を豊富に抱えており、民泊に適した物件を発掘しやすい。民泊の拡大で不動産を活用しやすくなれば、遊休不動産の仲介需要が高まり、仲介件数増につながることも期待できる。

■シェアリングエコノミー関連銘柄 まとめ
シェアリングエコノミー関連銘柄は、民泊やライドシェアなどが成長ビジネスであることから注目を集めている。若年層を中心に自動車の所有意欲が低下していることや、外国人観光客の増加で宿泊施設が不足していることも追い風だ。

シェアリングエコノミー関連銘柄にはここ数年でIPOを実施した新興銘柄も見られ、テーマ性が意識されれば株価急騰のチャンスもあり得る。アメリカの保護主義的な政策やシリア問題などを受けて市場が一定の緊張感を持っている中で、大型株投資には慎重にならざるを得ない場面もある。マザーズ市場でも急落が見られるなどリスクを嫌う動きが出ているが、業績成長が見込める銘柄に投資すれば、中長期的な割高感の緩和にも期待できるぜ。

その他にも、話題のテーマ株であるIoT関連銘柄、AI関連銘柄、人工知能関連銘柄、仮装通貨関連銘柄、EV関連銘柄、自動運転関連銘柄、半導体関連銘柄、トランプ関連銘柄、バイオ関連銘柄、ロボット関連銘柄、リチウムイオン電池関連銘柄、ZMP関連銘柄などの情報を無料で公開しているから、興味があったら【株ファイターの株報道】と検索だ!

----

執筆者名:株ファイター
ブログ名:株ファイターの株報道

《HH》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均