4503 アステラス製薬 東証1 15:00
1,554.0円
前日比
-8.0 (-0.51%)
比較される銘柄: 武田エーザイ第一三共
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.5 2.66 2.19 6.69

銘柄ニュース

戻る
2015年12月01日11時10分

アステラス薬は堅調、リナクロチドの国内第3相試験で主要評価項目を達成

 アステラス製薬<4503>は堅調。同社はこの日、米国アイアンウッド社より導入し、国内で開発しているグアニル酸シクラーゼC受容体作動薬リナクロチド(一般名)について、成人における便秘型過敏性腸症候群患者を対象とした第3相試験で主要評価項目を達成したことを発表した。今回、成人患者500例を対象とした試験では、2つの主要評価項目である投与12週間における過敏性腸症候群症状の全般改善効果及びCSBM(残便感の無い自発的な排便)のレスポンダー率において、リナクロチド投与群はプラセボ投与群と比較して統計学的に有意な改善を示している。16年の製造販売承認申請を目指して期待が高まりそうだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均