信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
マクロミルの【株価予想】【業績予想】を見る

3978マクロミル

東証1
1,247円
前日比
-34
-2.65%
比較される銘柄
インテージH
データセク
ホットリンク
業績
今期予想
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.1 1.70 0.72 7.45

銘柄ニュース

戻る

【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 新興市場に灯った先高予見のサイン


「新興市場に灯った先高予見のサイン」

●次に来る悪材料は小さなものとなる

 完全に安堵しているわけでないが、クライシス(危機)映画なら1難、いや3~5難を切り抜けた。こんな感じだ。

 もちろん、映画は時間が限られているのに対し、株式市場にはそれがないため、新たなクライシスが待ち構えていることは十分あり得る。しかし、いまのところ大きなクライシスを乗り越えたところなので、次に来るかもしれないそれはさほど大きなものにはならないだろう。悪材料には“強弱”があり、「強」それも最大級のそれの次は「弱」になる可能性が高いからだ。

 それに注目したいのは、 NYダウ NASDAQのチャートだ。ともに昨年12月下旬に安値(NYダウは12月26日、NASDAQは24日)をつけて以降、今月の月初に一時的に小反落したものの、その後は堅調そのものの上昇となっている。

 その間、米中貿易戦争については、米中両国の協議が進んでいるとの報道はあったものの、中身については信じるに足る情報はなく、実質的にはほとんどなにも進展していないに等しい。ただ、市場金利の引き上げ方針を明確にしていたFRB(米連邦準備制度理事会)が、今年になって明らかに方針転換した。これは明確な支援材料であり、米国市場はこの材料に支えられていると見てよい。

 東京市場はいまのところ米中貿易戦争の行方をまだ懸念しているところ。そのため、投資に積極的になれない――これが実情ながら、意外なところに先高を予見させる兆しが見えている。

 ジャスダックマザーズ市場が米国市場との連動性を高め、続伸しているのだ。両市場にも機関投資家は参加しているのだが、主役は積極派の個人投資家達である。両市場が復調中であるということは、彼らが買いを入れていることになる。

●「買い頃」とみた積極派の個人が動く

 では、何か買い材料となるものがあるのか? 具体的なそれがあるわけではないだろう。それでも買いが増えているのは、投資の経験則から「この辺りが買い頃だ」との判断が働いているとみてよい。これは直感頼りということになるだろうが、私に言わせると投資の実績に基づいた経験則によるもので、信頼度は意外に高い。

 ここはそれを信じて、次のような銘柄に注目だ。まずは「いますぐ上がらなくても構わない。そのうち上がればいい」という投資家の方向けにドラッグストア大手のウエルシアホールディングス <3141> だ。業績的には何ら問題はないが、株価は売り崩されて谷底にあるため、今後、次第に見直されるとみる。

 あまりに期待されすぎたためか、失望売りが続いていた資生堂 <4911> も、ようやく蘇生の兆しを見せ始めている。これまた急回復は無理だろうが、復活方向にある。同様の銘柄としてピジョン <7956> の現在水準も安全度は高い。

 厚生労働省の「毎月勤労統計」の不正調査問題で改めて認識されたのが、データ収集の難しさである。対象企業を全調査するのが容易ではないことは分かっているが、やらねばならないものならばネットの活用が望ましい。そこで、ネットマーケット調査に強いマクロミル <3978> だ。

 中国関連という理由で売られ続けてきたコマツ <6301> や日立建機 <6305> もようやく正当に評価され始めた。まだ上がり切ってしまったわけではないため、小反落があれば見逃さないようにしたい。

 最後に、企業間物流に強いSGホールディングス <9143> だ。株価は高値圏ながら、宅配便も好調をキープしているため、株価は続伸する確率が高い。

2019年1月18日 記

株探ニュース

日経平均