3963 シンクロ・フード 東証1 15:00
878円
前日比
+5 (+0.57%)
比較される銘柄: リアルワルドアイスタイルアトラエ
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
52.6 10.28

銘柄ニュース

戻る
2018年06月15日07時18分

前日に動いた銘柄 part1:兵機海、リンコー、曙ブレーキ工業など


銘柄名<コード>14日終値⇒前日比

兵機海<9362> 2398 +400
北朝鮮関連として思惑買い。

三桜工<6584> 760 -22
古河工場で火災発生と。

システム ディ<3804> 748 -51
上期営業利益は前年同期比1.8%減で着地。

リンコー<9355> 2165 +265
海運や倉庫・運輸関連の一部に北朝鮮需要発生との見方も。

曙ブレーキ工業<7238> 348 +39
引き続きブレーキの新基本構造開発を材料視。

ソフトブレーン<4779> 618 +32
特に材料ないが四季報発売接近など材料視か。

オプトHD<2389> 2132 +29
特別利益計上で最終益を上方修正。

スクエニHD<9684> 5200 +200
クレディ・スイス証券では取材メモをリリース。

ディー・エル・イー<3686> 554 -10
ブロックチェーン関連として期待感続く。

アルヒ<7198> 2281 +86
13日は長い下ヒゲを残す展開に。

エボラブルアジア<6191> 2479 +52
ラジオNIKKEIで取り上げられている。

オプティム<3694> 2919 +43
TV番組で取り上げられているもよう。

ディスコ<6146> 20690 +690
13日には第1四半期の中間アップデート会議。

サニックス<4651> 368 +2
再生エネルギー関連の一角として上値追い。

ヤーマン<6630> 2110 -487
今期の減益見通しにネガティブサプライズ。

Hamee<3134> 1603 -153
今期の増益率鈍化見通しを嫌気。

神戸物産<3038> 5060 -290
順調な決算発表も期待値高く出尽くし感。

日本通信<9424> 203 -14
引き続き手仕舞い売りが優勢の展開に。

シーズHD<4924> 5010 -320
2-4月の収益悪化を引き続き嫌気する動きに。

フィードワン<2060> 240 -15
短期リバウンド一巡で戻り売りが優勢に。

シンクロ・フード<3963> 949 -30
13日は特に目立った材料ないまま上昇で。

任天堂<7974> 37130 -1990
上半期の業績下振れ懸念なども強まる形か。

《DM》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均