3814 アルファクス JQG 15:00
910円
前日比
-15 (-1.62%)
比較される銘柄: コラボスネオスエイジア
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.2 3.50 1.10

銘柄ニュース

戻る
2016年07月21日07時36分

前日に動いた銘柄 part2:ソフトバンクグ、マクドナルド、三菱UFJなど


銘柄名<コード>⇒7月20日終値⇒前日比


タカタ<7312> 375 -11
エアバッグ試験データ改ざんなどとも伝わる。

ハピネット<7552> 1242 -59
任天堂関連銘柄には総じて売りが優勢に。

ホシデン<6804> 768 -30
任天堂関連として上昇の反動。

トクヤマ<4043> 301 -19
19日に大きく上昇で利食い売りが優勢となる。

百五銀行<8368> 371 -15
銀行株安の流れに押される形ともなり。

クミアイ化<4996> 600 -30
25日線レベルでは戻り売り優勢に。

新日本科学<2395> 710 -24
バイオ関連株の上値の重さなどを嫌気か。

京都銀行<8369> 782 -41
任天堂の株価反落に連れ安。

三井造船<7003> 151 -4
高水準の信用買い残など重しにも。

DMG森精機<6141> 1081 -46
全体リバウンド一服で欧州関連にも戻り売り。

宇部興産<4208> 178 -6
みずほ証券では目標株価を引き下げ。

京葉銀行<8544> 424 -13
銀行株軟調な地合いに押される。

三菱UFJ<8306> 510.9 -10.7
全体相場の反落でメガバンクも売り優勢に。

ソフトバンクグ<9984> 5409 +22
19日の大幅下落はやや過剰反応の感も。

三井化学<4183> 397 -2
みずほ証券では買い推奨に格上げも反応薄。

三菱マテ<5711> 267 -5
4-6月期の業績観測報道など伝わる。

住友化学<4005> 445 -12
みずほ証券では目標株価を引き下げ。

LINE<3938> 4075 +85
目先の調整一巡感で押し目買いも。

東京エレク<8035> 9247 +63
ゴールドマン・サックス証券で格下げもインテル決算など控え。

DeNA<2432> 2734 -45
任天堂関連として売りが波及か。

アピックヤマダ<6300> 278 +35
もみ合い上放れに追随買い。

RVH<6786> 1090 -102
上値の重さなどを意識か。

マクドナルド<2702> 3515 +315
「Pokemon GO」日本配信で店舗提供の予定と報道。

Bガレジ<3180> 1385 +175
東証1部への市場変更を材料視。

アルファクス<3814> 1125 +150
LINE Payと業務提携で合意。

IPS<4335> 538 +80
8月に発表する通期決算に期待する向きも。

SOSEI<4565> 16380 -500
「シーブリ」等の直近業績受けて一時5%高も買い続かず。

AppBank<6177> 1483 -217
任天堂<7974>の急反落に連れて関連銘柄も売り優勢。

エボラブルA<6191> 5030 +705
16年9月期の通期業績予想を上方修正。

バーチャレクス<6193> 1280 +96
小規模コールセンター向けCRMサービスを提供開始。

シライ電子<6658> 315 +80
任天堂関連として19日ストップ高となった勢いが継続。

テイツー<7610> 74 -16
19日は「Pokemon Go」に絡んだ思惑などから買われたが。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均