信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
ソフトMAXの【株価予想】【業績予想】を見る

3671ソフトマックス

東証M
940円
前日比
+49
+5.50%
比較される銘柄
テクマト, 
日シス技術, 
KYCOM
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
20.9 3.14 1.06

銘柄ニュース

戻る

★本日の【イチオシ決算】 santec、村田製、野村 (7月31日)

※決算発表の集中期間(7月24日~8月14日)は、『決算特報』を毎日3本配信します。
 1.★本日の【サプライズ決算】 速報  <16時>に配信
 2.★本日の【サプライズ決算】 続報  <18時>に配信
 3.★本日の【イチオシ決算】      <21時>に配信
――――――――――――――――――――――――――――
【株探プレミアム】会員向けには、より早い“超速報”を毎日2本配信します。
 1.★本日の【サプライズ決算】 超速報    <15時15分>に配信
 2.★本日の【サプライズ決算】 超速報・続報 <15時40分>に配信

1)本日(7月31日)引け後に発表された決算・業績修正

 ●イチオシ決算

【santec <6777> [JQ]】 ★4-6月期(1Q)経常は65%増益で着地
 ◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比65.2%増の2.2億円に拡大して着地。北米向けに光モニターや光アッテネーターといった光通信用部品の販売が引き続き好調だったことが寄与。波長可変光源やOCT(光干渉断層画像)光源などの光測定器が伸びたことも大幅増益に貢献した。
  上期計画の3.4億円に対する進捗率は67.1%に達しており、業績上振れが期待される。

 ●サプライズな決算発表・業績修正

 ヤマト <1967>   ★4-6月期(1Q)経常は2倍増益で着地
 ◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.0倍の10.3億円に急拡大して着地。手持ち工事が順調に進捗するなか、生産システムの合理化などで工事採算が改善したことが利益を押し上げた。
  上期計画の12.8億円に対する進捗率は80.6%に達しており、業績上振れが期待される。

 グリムス <3150> [JQ]  ★4-6月期(1Q)経常は60%増益で着地
 ◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比60.3%増の5.8億円に拡大して着地。小売電力事業が収益を牽引した。エネルギーコストソリューション事業の既存顧客に対する電力小売りの契約獲得が大きく伸びた。
  上期計画の6.7億円に対する進捗率は86.2%に達しており、業績上振れが期待される。

 ソフトMAX <3671> [東証M]  ★上期経常を一転2.2倍増益に上方修正
 ◆19年12月期上期(1-6月)の経常利益(非連結)を従来予想の1300万円→1億1100万円に8.5倍上方修正。従来の74.5%減益予想から一転して2.2倍増益見通しとなった。ソフトの仕様追加やハードウェアの更新案件などを新たに受注し、売上高が計画を18.1%も上回ったことが利益を押し上げた。

 コムチュア <3844>   ★4-6月期(1Q)経常は23%増益、株式分割も発表
 ◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比23.0%増の6.2億円に伸びて着地。クラウド・ビッグデータ・AIといった成長領域の好採算な開発案件が大きく伸びたうえ、新規連結子会社も寄与した。プロジェクト管理の徹底で不採算案件が減少したことなども大幅増益につながった。
  同時に、9月末の株主を対象に1→2の株式分割を実施すると発表。流動性の向上や投資家層の拡大が期待される。

 CEHD <4320>   ★今期経常を最高益に23%上方修正、株式分割も発表
 ◆19年9月期の連結経常利益を従来予想の6億2400万円→7億7000万円に23.4%上方修正。増益率が5.8%増→30.5%増に拡大し、5期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。消費増税前の駆け込み需要や改元に伴うシステム改修案件の増加を背景に、電子カルテなど医療情報システムの販売が想定より伸びる。
  同時に、9月末の株主を対象に1→2の株式分割を実施すると発表。流動性の向上や投資家層の拡大が期待される。

 応用技術 <4356> [JQ]  ★上期経常を31%上方修正、通期も増額
 ◆19年12月期上期(1-6月)の経常利益(非連結)を従来予想の4.5億円→5.9億円に31.4%上方修正。選別受注や生産性の向上でプロジェクトの採算が大幅に上向いたことが寄与。高付加価値案件の販売が成約したことも利益を押し上げた。
  上期業績の好調に伴い、通期の同利益も5億円→6.3億円に25.7%上方修正。増益率が50.7%増→89.6%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。今期業績の上方修正は5月に続き、2回目となる。

 富士ソSB <6188> [東証2]  ★4-6月期(1Q)経常は3.3倍増益で着地
 ◆20年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益(非連結)は前年同期比3.3倍の2.6億円に急拡大して着地。企業年金基金問い合わせ業務の新規受注や官公庁向けの事務処理業務が伸びたことが寄与。一部案件の業務改善による生産性向上も利益拡大に貢献した。
  上期計画の3.8億円に対する進捗率は70.3%に達しており、業績上振れが期待される。

 村田製 <6981>   ★4-6月期(1Q)税引き前は27%増益で着地
 ◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結税引き前利益は前年同期比26.6%増の632億円に伸びて着地。主力の積層セラミックコンデンサーが車載向けで増加したほか、樹脂多層基板が高性能スマートフォン向けに大きく伸びたことが寄与。高付加価値品の販売拡大に加え、原価低減や円安効果なども大幅増益に貢献した。

 野村 <8604>   ★4-6月期(1Q)税引き前は5.5倍増益で着地
 ◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結税引き前利益は前年同期比5.5倍の748億円に急拡大して着地。米州を中心に債券ビジネスが拡大し、ホールセール部門の税引き前損益が前年同期の74億円の赤字から200億円の黒字に急浮上したことが寄与。アメリカン・センチュリー・インベストメンツ関連損益が改善したことも大幅増益に貢献した。

 ビジ太田昭 <9658>   ★4-6月期(1Q)経常は99%増益で着地
 ◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比98.6%増の4.1億円に拡大して着地。前期に獲得した豊富な案件在庫を背景に、22.5%の大幅増収を達成したことが寄与。コンサルティング・システム開発事業の値上げ効果や生産性向上に加え、マネージメントサービスで固定費を中心とした費用構造の改善が進んだことも大幅増益に貢献した。
  上期計画の6.5億円に対する進捗率は63.5%に達しており、業績上振れが期待される。

2)8月1日の決算発表銘柄(予定) ★は注目決算
 ■取引時間前の発表
  ◆第1四半期決算:
   <4626> 太陽HD
 ■取引時間中の発表
  ◆第1四半期決算:
   <2768> 双日
   <3861> 王子HD
   <4042> 東ソー
   <4183> 三井化学
   <4202> ダイセル
   <4528> 小野薬
   <4739> CTC
   <6366> 千代建
   <8058> 三菱商       ★
   など26社
  ◆第2四半期決算:
   <5187> クリエート
   など2社
  ◆第3四半期決算:
   <7643> ダイイチ [JQ]
   など2社

 ■引け後発表
  ◆本決算:
   <7962> キングジム
  ◆第1四半期決算:
   <1417> ミライトHD
   <2371> カカクコム
   <3626> TIS
   <4062> イビデン
   <4536> 参天薬
   <5202> 板硝子
   <5401> 日本製鉄      ★
   <5741> UACJ
   <5801> 古河電
   <5803> フジクラ
   <6753> シャープ
   <6849> 日本光電
   <6875> メガチップス
   <6952> カシオ
   <6963> ローム
   <7240> NOK
   <7261> マツダ       ★
   <7951> ヤマハ
   <8056> ユニシス
   <8114> デサント
   <8129> 東邦HD
   <8304> あおぞら銀
   <8334> 群馬銀
   <9024> 西武HD
   <9401> TBSHD
   <9433> KDDI      ★
   <9519> レノバ
   <9697> カプコン
   <9766> コナミHD
   <9831> ヤマダ電
   など64社
  ◆第2四半期決算:
   <2212> 山パン
   <2427> アウトソシン
   <2502> アサヒ       ★
   <4151> 協和キリン
   <4768> 大塚商会
   <6269> 三井海洋
   <6440> JUKI
   など16社
  ◆第3四半期決算:
   <3328> BEENOS
   など7社
  合計119社

 ※「株探」では、株価、PER、利回りなどを併記した【決算発表・業績修正】銘柄一覧をご覧いただけます。

株探ニュース

日経平均