3195 ジェネレーションパス 東証M 15:00
548円
S高
+80 (+17.09%)
比較される銘柄: Hameeロコンドアイケイ
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
55.5 3.08 554
決算発表予定日  2018/09/13

銘柄ニュース

戻る
2017年03月16日13時23分

ジェネレーションパス---17.10期1Qも増収増益で好調に推移。個人消費者の購 買状況は引き続き上昇傾向


ジェネレーションパス<3195>は15日、2017年10月期第1四半期決算を発表。売上高が前年同期比33.5%増の20.27億円、営業利益が同1.2%増の0.31億円、経常利益が同47.0%増の0.48億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同52.1%増の0.32億円になった。

主力のECマーケティング事業については、引き続き継続的に収集されるビッグデータの分析に基づき各種マーケティング施策を実施。直貿型越境ECサイト「洋桃派」への商品提供拡大、中国大手である淘宝(英語:Taobao)へのテスト参入を行うなどの基盤の整備に努めてきた。また、新ブランド「Simplus」シリーズの販売開始等継続的な売上高の増大施策を実行した。EC店舗数は50店舗。商品企画関連事業については、既存の取引量を増加、品質管理手法の改善への投資を加速させ、また、品質管理手法の改善に取り組んだ。結果、既存の家具・雑貨・寝具の受注が好調に推移した。

17年10月通期の業績予想は、売上高が前年同期比30.7%増の85.00億円、営業利益が同56.6%増の1.30億円、経常利益が同94.0%増の1.30億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同95.6%増の0.88億円としている。

《TN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均