3140 イデアインタ JQG 15:00
788円
前日比
-2 (-0.25%)
比較される銘柄: カッシーナCBGM大木ヘルス
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
24.9 8.03

銘柄ニュース

戻る
2015年10月05日16時10分

イデアインター Research Memo(6):好調なトラベルグッズの店舗網拡大へ


■中期計画と進捗状況

○「Travel Shop Milesto」の新規出店
イデアインターナショナル<3140>のトラベルグッズの売上は好調が続いている。トラベルグッズは「Milesto」ブランドで展開し、小売店舗もかつての「Travel Shop Gate」を「Travel Shop Milesto」へと変更してブランドの統一性を高めて浸透を図っている。

「Travel Shop Milesto」は直営5店舗、フランチャイズ1店舗の全国6店舗展開で、他に「Travel Shop Gate」が広島に1店舗存在している。同社は、2016年6月期には「Milesto」について新規出店に乗り出す計画だ。具体的には、全国の主要都市や空港などに最大10店舗程度の出店を計画している模様だ。トラベルグッズの総合店舗は意外に少なく、既存の「Travel Shop Milesto」の経営はいずれも順調だ。こうしたことが自信となって、店舗網拡大に踏み切る模様だ。

同社によれば、新規出店の資金調達についてはすでに金融機関との話し合いを進めており、立地についての選定も進んでいる模様だ。既存店舗に比べれば家賃負担が少ない店舗となるため、店舗収益の損益分岐点も、既存店舗よりも低く抑えられ、経営リスクは小さくできる見込みということだ。

弊社では同社が注力するECへの期待がむしろ高いが、「Travel Shop Milesto」の既存店舗の実績と、6店舗のうち4店舗が都内に集中している(他は大阪と成田空港)という状況を考えると、新規出店を志向する同社の事業戦略も十分正当化できると考えている。ただ、1年で10店舗というのは多すぎるという印象もある。同社自身も状況を見ながら順次出店し、状況次第では計画の修正を行ってくると思われるが、弊社としては新規出店のペースと店舗経営の実績を注視していきたいと考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均