2928 RIZAPグループ 札証A
-円
前日比
(-%)
比較される銘柄: 東祥コシダカHDセントラルS
業績: 今期予想
サービス業
単位 -株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.0 0.00

銘柄ニュース

戻る
2016年08月16日07時58分

RIZAP絶好調の3つの理由!?~上期予想を大幅上方修正~


みなさん、こんにちは。フィスコリサーチアナリストの飯村真由です♪

7月1日に社名変更をしたRIZAPグループ<2928>が15日引け後に、2017年3月期第1四半期決算を発表しました。上期業績の大幅な上方修正はポジティブサプライズとして市場に評価されそうです!

では、業績絶好調の要因とは何でしょうか!?

★四半期ベースで過去最高の売上高・営業利益!

2017年3月期第1四半期の連結決算は売上収益で198.34億円(前年同期比64.3%増)、営業利益37.25億円(前年同期は0.21億円の損失)と大幅な増収増益で着地し、四半期ベースで売上高・営業利益で過去最高を更新しました。(前年同期はIFRSで組み替えた数値)

RIZAPを中心とした美容・健康関連事業が牽引し、住関連ライフスタイル事業及びエンターテイメント事業も増収増益となり全体の業績に貢献しました。また、M&Aにより出版社の日本文芸社、ヤングカジュアルファッションの三鈴、インテリア雑貨販売のパスポート<7577>の各社がグループ入りしたことで事業領域が拡大しています。


★絶好調のRIZAP!その理由とは?

【ポイントその1】
短期間にコミットした体型の維持、ライフスタイルの根本的な改善、生活習慣病の予防などを目的とした年間契約プログラムである「ライフサポートコース」を昨年導入したことにより、長期に渡ってRIZAPに通うお客様が増えているようです。ストック型ビジネスへの転換を果たしたことで、安定的な収益の確保に成功しています。

【ポイントその2】
さらに、RIZAPで購入したコース・商品の累計金額で、レギュラー・ゴールド・プラチナとランクが決まる「ステイタス制度」を今年の4月から導入。ステイタスのランクによって、コース価格の割引や各種特典を受けられるため、“もっと上のランクを目指したい!”というお客様心理をくすぐっているみたいです。そのため、物販を含め好調となっており、自社開発のオリジナル商品のため利益率が高いという特徴があります。

【ポイントその3】
サービスを通じて顧客満足度の向上に取り組んだ結果、お客様からの友達紹介が前年比でなんと約3倍に増加したとのこと。広告に頼らない集客が占める割合が益々増えているようです。


★上期業績を大幅に上方修正!

期初計画では、上期計画は売上収益390億円、営業利益32億円の見込みだったのですが、第1四半期決算時点でこれを超過し、上期業績予想の大幅な上方修正を発表しました。売上収益で前回5月16日公表予想比7.2%増となる418.00億円、営業利益で同60.6%増の51.40億円と大幅な増額修正となり、私も少し驚きました。同社は例年、上期に大幅な広告宣伝費を計上していますが、広告に頼らない集客や既存顧客向け新プランの導入などが実を結び、上期からしっかりと利益を計上できる収益構造へと変化しているようです。


《ご参考》
2016年第2四半期実績
売上高:258.11億円
営業利益:15.42億円
前期は日本基準であったため参考数値となりますが、単純比較では営業利益は3.3倍の急成長です!


★通期では営業利益2倍超を見込む!

2017年3月期通期では売上収益で前期比80%増の1000億円、営業利益は2期連続で2倍超の101.50億円を計画しています。引き続きRIZAPの安定した収益が牽引する見込みである他、「RIZAP GOLF」や「RIZAP ENGLISH」も想定を上回る大反響となっていることから今後の業容拡大が期待されています。加えて、7月5日に子会社化した体型補整下着のマルコ<9980>の業績も寄与する予定となっています。


★チャレンジングな通期計画も1Qで現実味を帯びる!

今期の売上収益1000億円・営業利益100億円(前期50億円からの倍増)を達成という高い業績目標はRIZAPらしさを感じるチャレンジングな計画であると捉えられていた面もありましたが、第1四半期決算時点で期初の上期営業利益予想を上回る37億円での着地はBIGサプライズでしたね。前年の同四半期が赤字であったことと比較しても、同社の成長スピードに改めて評価が向かいそうです。第2四半期決算の動向からも目が離せませんね。

【グループ合同でのアナリスト説明会が9月6日に開催される予定】ですので、私も参加したいと思っています!

個人的には、新CMのココリコ遠藤さんの仕上がりも気になっています♪ 「ほほほーい」のキレを取り戻せるのでしょうか!?(笑)

好業績を評価した株価の推移ももちろん気になるところです。新高値形成後の軽快な値動きに期待しましょう!

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均