貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
伊藤園の【株価予想】を見る

2593伊藤園

東証1
6,290円
前日比
+220
+3.62%
比較される銘柄
キリンHD, 
アサヒ, 
サントリBF
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
61.2 5.03 0.64 0.15
時価総額 5,611億円

銘柄ニュース

戻る

来週の株式相場に向けて=南ア変異株の影響探る展開に

 東京株式市場は週末26日に急落し、日経平均株価は2万8700円台に売られた。南アフリカで検出された新型コロナウイルス変異株への警戒感が台頭し、相場は全面安となった。この変異株は免疫反応回避などの特徴を持ち、深刻な影響をもたらす可能性があることが懸念された。

 ただし、同変異株が実際にどれほどの脅威となるかはいまのところ不明であり、警戒感が先立ち株価が急落したのが実状だ。実際、この日の東京市場急落の背景には「仕掛け売りがあったのでは」(市場関係者)との見方もある。前日の米国市場は感謝祭で休場だったことから、市場参加者が限られ値の荒い展開となる素地は整っていた。

 南ア変異株のリスク度合いはこれから判定されることになるが、その警戒感が行き過ぎだったとしても不安要因は残る。米国のインフレ懸念がそれで、来週は重要経済指標の発表やイベントが相次ぐからだ。特に、12月1日の米11月ISM製造業景況指数や3日の米11月雇用統計に対する関心は高い。「強めの結果が出ればインフレ懸念からの金利上昇で相場の押し下げ要因となる」(アナリスト)ことが予想される。

 更に、2日のOPECプラス会合も相場を動かす可能性がある。同会合の結果、原油が上昇した場合インフレ懸念を増幅させよう。来週半ばからは12月相場に突入するが、年末高に向けて好スタートを切れるかが焦点となる。国内では30日にボードルア<4413>が東証マザーズに新規上場する。1日に伊藤園<2593>が決算発表を行う。来週の日経平均株価の予想レンジは2万8500~2万9100円。(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS

日経平均