市場ニュース

戻る

【市況】24日のNY市場はまちまち

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 33733.96 (+104.40)
NASDAQ  : 11334.27 (-30.14)
CME225  : 27190 (-80(大証比))

[NY市場データ]

24日のNY市場はまちまち。ダウ平均は104.40ドル高の33,733.96ドル、ナスダックは30.14ポイント安の11,334.27で取引を終了した。1月製造業PMIの予想外の改善を受けた長期金利の上昇を警戒した売りが先行し、序盤は大きく下落。一方、PMIは50割れと活動縮小域での推移が継続し、景気後退懸念がくすぶる中、次第に金利が低下に転じたほか、重機メーカーのキャタピラー(CAT)などの株価上昇が支援し、ダウ平均は上昇に転換。ハイテクは決算を警戒した利食い売りなどが優勢で終日軟調に推移した。セクター別では、資本財・電気通信サービスが上昇した一方、運輸やメディア・娯楽が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪日中比80円安の27190円。ADR市場では、対東証比較(1ドル130.18円換算)でトヨタ自<7203>、富士通<6702>、ブリヂストン<5108>、オリンパス<7733>、ルネサス<6723>、味の素<2802>、AGC<5201>、東レ<3402>などをはじめ全般売り優勢となった。
《YN》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク