市場ニュース

戻る

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 オービック、ディスコ、イワブチ (24日大引け後 発表分)

オービック <日足> 「株探」多機能チャートより

 1月24日の大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 オービック <4684> [東証P]  ★4-12月期(3Q累計)経常は20%増益、今期配当を30円増額修正
 ◆23年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比19.6%増の532億円に伸びて着地。主力とする統合業務ソフトのシステム構築で大手・中堅企業の新規顧客獲得が進んだことが寄与。クラウドソリューションを中心に運用支援・保守サービスが伸びたことも大幅増益につながった。
  通期計画の656億円に対する進捗率は81.2%に達しており、業績上振れが期待される。
  併せて、今期の年間配当を従来計画の220円→250円(前期は215円)に増額修正した。

 イワブチ <5983> [東証S]  ★今期最終を4.3倍上方修正
 ◆23年3月期の連結最終利益を従来予想の1.7億円→7.3億円に4.3倍上方修正。減益率が77.4%減→3.0%減に縮小する見通しとなった。売上高は計画を下回るものの、収益性・生産性の向上による採算改善で補う。また、負ののれん発生益を計上することも最終利益を大きく押し上げる。

 ディスコ <6146> [東証P]  ★非開示だった今期経常は13%増で3期連続最高益、65円増配へ
 ◆23年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比25.5%増の801億円に伸びて着地。世界的なEVシフトや脱炭素化の進展などを背景にパワー半導体向け設備投資の旺盛な需要が継続するなか、精密加工装置の高水準な出荷が続いたことが寄与。為替の円安進行なども増益に貢献した。
  併せて、非開示だった通期の同利益は前期比13.1%増の1046億円と3期連続で過去最高益を更新する見通しを示した。
  業績好調に伴い、従来未定としていた今期の年間配当は873円(前期は808円)実施する方針とした。

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク