市場ニュース

戻る

【材料】KLabが急反落、新株予約権の行使許可で需給への影響を懸念

KLab <日足> 「株探」多機能チャートより
 KLab<3656>が急反落している。5日の取引終了後、7月6日に発行した行使価額修正条項及び行使許可条項付第18回新株予約権について、割当先であるモルガン・スタンレーMUFG証券に対して行使許可を行うと発表しており、新株予約権の行使に伴う需給悪化を懸念した売りが出ているようだ。行使許可期間は22年12月6日から23年1月4日まで。

出所:MINKABU PRESS



日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク