市場ニュース

戻る

【材料】バンナムHDが9月中間期業績予想を上方修正

バンナムHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 バンダイナムコホールディングス<7832>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(4~9月)連結業績予想について、売上高を4000億円から4300億円(前年同期比9.2%増)へ、営業利益を460億円から720億円(同16.6%増)へ、純利益を330億円から570億円(同44.2%増)へ上方修正した。

 第1四半期においてデジタル、トイホビー、アミューズメントの各事業が好調に推移し増収となったことに加えて、利益率の高い家庭用ゲームのリピート販売などが好調だったことや、円安により外貨建取引に関わる為替差益が利益を押し上げたことが要因としている。なお、23年3月期通期業績予想は、売上高8800億円(前期比1.0%減)、営業利益1000億円(同20.3%減)、純利益700億円(同24.5%減)の従来見通しを据え置いている。

 同時に発表した第1四半期(4~6月)決算は、売上高2162億4100万円(前年同期比21.5%増)、営業利益443億9300万円(同64.3%増)、純利益370億1900万円(同77.0%増)だった。デジタル事業で前期に発売したワールドワイド向けタイトル「ELDEN RING(エルデンリング)」などの既存タイトルのリピート販売が好調に推移したことや、国内外でアミューズメント施設が回復したことが貢献した。

出所:MINKABU PRESS



日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク