市場ニュース

戻る

【材料】トヨタなど自動車株が軟調、一時1ドル=137円台の円安も米景気後退を警戒

トヨタ <日足> 「株探」多機能チャートより
 トヨタ自動車<7203>、ホンダ<7267>など自動車株は総じて軟調。米国ではパウエルFRB議長が金融政策はインフレ抑制を最優先することに改めて言及、7月も0.75%の利上げが濃厚となったとの見方が強まってきた。日本は日銀が超金融緩和政策を維持する姿勢を堅持しており、日米金利差拡大の思惑を背景に外国為替市場ではドル買い・円売りの動きが加速、一時約24年ぶりに1ドル=137円台に入る円安に振れた。

 これを受けて、為替感応度の高い自動車セクターは輸出採算向上期待から投資資金が集まりやすいところだが、一方で米国の金融引き締め強化に伴うリセッションに対する懸念が重荷となっている。輸出採算が高まっても、米国での自動車販売が減速することで売り上げが伸び悩むというシナリオが意識されている。

出所:MINKABU PRESS



日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク