市場ニュース

戻る

【材料】前日に動いた銘柄 part2 コマニー、KNTCT、インパクトホールディングスなど

コーセー <日足> 「株探」多機能チャートより

銘柄名<コード>13日終値⇒前日比
コーセー<4922> 11080 -870
第1四半期収益水準は想定以上の伸び悩みへ。

ベネッセHD<9783> 2098 -194
4月の会員数減少などマイナス視。

ニコン<7731> 1408 -52
今期の収益横ばい見通しをマイナス視へ。

NTTデータ<9613> 1894 -156
今期純利益は減益見通しに。

東邦チタニウム<5727> 1650 -77
決算評価で連日上昇の反動も。

リミックスポイント<3825> 516+80
SBIHDとの資本業務提携を発表。

アルマード<4932> 1221 +146
好決算や株主還元策強化を評価続く。

コマニー<7945> 2096 +302
MBO実施によるTOB価格2100円にサヤ寄せ続く。

キョウデン<6881> 558 +74
今期の2ケタ経常増益見通しや増配を好感。

ユニバーサル<6425> 1904 +141
第1四半期経常黒字転換を好材料視。

ナガホリ<8139> 950 +150
値動きの軽さをはやして短期資金の関心が続く。

アイビー化粧品<4918> 560 +80
今期の大幅増益見通しを好感。

ライフドリンクC<2585> 1259 +112
想定以上の好決算を評価の動きに。

KNTCT<9726> 1580 +176
今期の最終黒字浮上見通しを評価。

Shinwa<2437> 442 +47
地合い改善の中で短期的な突っ込み警戒感も。

オルトプラス<3672> 323 +31
12日に急速に伸び悩んだ反動も。

ジャパンエン<6016> 1164 -300
今期大幅減益見通しをネガティブ視。

田中化研<4080> 1233 -114
今期経常赤字転落見通しを嫌気。

ベリテ<9904> 385 -43
今期の減配を嫌気する動き続く。

新日本理化<4406> 241 -20
今期は大幅経常減益見通しで。

シェアリングテクノロジー<3989> 144 +29
22年9月期の営業利益予想を上方修正、件数や単価が想定上回る。

CCT<4371> 5490+700
22年12月期第1四半期の営業利益2.7倍、DX支援で引き合い増加。

フレクト<4414> 2309 +400
23年3月期の営業利益見通しは前期比50.8%増の3.86億円。

HENNGE<4475> 1052 +150
上期は各利益段階において黒字浮上で着地。

サークレイス<5029> 1132 +150
23年3月期の営業利益見通しは前期比56.3%増の2.35億円。

JTOWER<4485> 6170 +520
23年3月期の赤字転落見通しを受けて売り買い交錯。

キッズウェル・バイオ<4584> 358-80
23年3月期の赤字転落見通しを嫌気。

カオナビ<4435> 2074 +382
22年3月期決算及び23年3月期見通しを受けて買われる。

ミンカブ<4436> 2580 +474
23年3月期の大幅増収増益見通しを評価。

インパクトホールディングス<6067> 3135 +504
好調な第1四半期決算を受けて物色。

《FA》

 提供:フィスコ


日経平均