市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は112円高、日銀金融政策決定会合の結果発表で強弱感

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は112円高(13時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、ソフトバンクG<9984>などがプラス寄与上位となっており、一方、テルモ<4543>、TDK<6762>、富士フイルムHD<4901>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、鉱業、精密機器、石油石炭製品、陸運業、サービス業が値上がり率上位、鉄鋼、ゴム製品、パルプ・紙、銀行業、ガラス土石製品が値下がり率上位となっている。

日経平均は後場寄り後に、一時356円高まで上げ幅を拡大したが、その後は伸び悩んでいる。日銀金融政策決定会合の結果が発表され、日銀による大規模緩和が維持されることが安心感となる一方、金融関連株などが下げている。

《FA》

 提供:フィスコ


日経平均