市場ニュース

戻る

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 シュッピン、リソー教育、青山財産 (17日大引け後 発表分)

シュッピン <日足> 「株探」多機能チャートより

 17日の大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 シュッピン <3179>   ★今期経常を50%上方修正・最高益予想を上乗せ
 ◆22年3月期の経常利益(非連結)を従来予想の20億円→30億円に49.9%上方修正。増益率が23.5%増→85.2%増に拡大し、従来の2期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。今期業績の上方修正は昨年8月に続き、2回目。販売・買取価格の自動アシストシステムなどの導入やメーカー各社によるミラーレスカメラ新製品の発売を背景に、カメラ事業のEC売上高が伸びるほか、時計事業では「ロレックス」などの品揃えを維持し、売上高が計画を上回ることが寄与。人件費を中心とする販管費の抑制も上振れに貢献する。

 リソー教育 <4714>   ★今期配当を2円増額修正
 ◆22年2月期の期末一括配当を従来計画の14円→16円(前期は9.5円)に増額修正した。好調な業績を踏まえ、株主への利益還元を増やす。期末配当利回りは4.76%に上昇。権利付き最終日を来月末に控え、配当取りを狙う買いなどが期待される。

 北川精機 <6327> [JQ]  ★上期経常を70%上方修正
 ◆22年6月期第2四半期累計(7-12月)の連結経常利益を従来予想の1億円→1.7億円に70.0%上方修正。減益率が72.4%減→53.0%減に縮小する見通しとなった。生産体制の効率化を進めたことによる工期短縮で、一部の案件を前倒しで計上できたことが上振れの要因。

 ノダ <7879> [東証2]  ★今期経常は18%増で5期ぶり最高益、4円増配へ
 ◆21年11月期の連結経常利益は前の期比45.7%増の42.4億円に拡大して着地。続く22年11月期も前期比17.8%増の50億円に伸び、5期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。今期はウッドショックに端を発する原材料価格高騰に伴う販売価格の改定を実施するほか、リフォーム分野や非住宅分野の市場開拓、抗ウイルス加工製品などの販売拡大に注力する方針。また、固定費などコスト削減の徹底にも取り組む。
  併せて、今期の年間配当は前期比4円増の36円に増配する方針とした。

 青山財産 <8929> [東証2]  ★前期経常を17%上方修正
 ◆21年12月期の連結経常利益を従来予想の15.3億円→17.9億円に17.0%上方修正。増益率が28.0%増→49.8%増に拡大する見通しとなった。顧客の旺盛に需要を背景に、不動産共同所有システム「ADVANTAGE CLUB」の組成が目標を上回ったことなどが要因。

株探ニュース


日経平均