市場ニュース

戻る

【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は続落、オキサイド、エフ・コードがS安

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 14日大引けの東証マザーズ指数は前日比29.26ポイント安の844.78ポイントと続落。値上がり銘柄数は93、値下がり銘柄数は317となった。

 個別ではオキサイド<6521>、エフ・コード<9211>がストップ安。ケアネット<2150>、ASJ<2351>、総医研ホールディングス<2385>、アスカネット<2438>、ジェイフロンティア<2934>など114銘柄は昨年来安値を更新。フリー<4478>、アジアクエスト<4261>、ココナラ<4176>、エムビーエス<1401>、サイエンスアーツ<4412>は値下がり率上位に売られた。

 一方、キャンバス<4575>、アーキテクツ・スタジオ・ジャパン<6085>がストップ高。バンク・オブ・イノベーション<4393>、アクアライン<6173>は一時ストップ高と値を飛ばした。ボードルア<4413>、GRCS<9250>、ソフトマックス<3671>、ゼネラル・オイスター<3224>、ALiNKインターネット<7077>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

日経平均