市場ニュース

戻る

【材料】神戸物産---AIを活用し顧客の満足度向上を実現する次世代型スーパーの実験店舗を構築

神戸物産 <日足> 「株探」多機能チャートより

神戸物産<3038>は21日、ソフトバンク<9434>とともに2021年8月にオープン予定の神戸物産の直営店「業務スーパー天下茶屋駅前店」を、AI等を活用した次世代型スーパーの実験店舗として構築することを発表。
主な取り組み内容は、AIカメラで品切れを自動検知、顧客が選んだ商品に応じておすすめ商品やレシピを提案する「レコメンドカート」の導入、AIを活用したレジの待機人数の予測など。
これらの取り組みにより、顧客の満足度の向上及び機会損失の低減や人件費の削減を目指す。

《ST》

 提供:フィスコ

日経平均