市場ニュース

戻る

【材料】トランスGが反発、子会社が新型コロナインド型変異株のスクリーニング検査を受託開始

トランスG <日足> 「株探」多機能チャートより
 トランスジェニック<2342>が反発している。14日の取引終了後、子会社ジェネティックラボが新型コロナウイルス変異株(インド型)のスクリーニング検査の受託を開始したと発表しており、これが好材料視されている。

 同検査は、現在実施している新型コロナウイルスPCR検査で陽性となった検体を対象に、感染が拡大しているインド型L452R変異株のスクリーニング検査を追加実施するもの。なお、同件による22年3月期業績への影響は未定としている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均