市場ニュース

戻る

【材料】山王がカイ気配スタート、通信分野の需要拡大継続し21年7月期業績予想を上方修正

山王 <日足> 「株探」多機能チャートより
 山王<3441>がカイ気配スタートとなっている。14日の取引終了後、21年7月期の連結業績予想について、売上高を75億円から78億円(前期比1.9%減)へ、営業利益を2億円から2億3000万円(同28.4%増)へ、純利益を8億8500万円から9億5000万円(同5.5倍)へ上方修正したことが好感されている。

 5G向けを中心とした通信分野での需要拡大が第3四半期以降も継続する見込みであり、受注水準が想定を上回る見通しであることが要因としている。なお、第3四半期累計(20年8月~21年4月)決算は、売上高58億3200万円(前年同期比1.2%減)、営業利益2億1500万円(同56.2%増)、純利益9億3700万円(同4.4倍)だった。

出所:MINKABU PRESS

日経平均