市場ニュース

戻る

【テク】日経平均テクニカル:大幅反発、「陽の寄り付き坊主」示現


14日の日経平均は4日ぶりに大幅反発した。ローソク足は下ヒゲのない「陽の寄り付き坊主」を描き、強い押し目買い圧力を窺わせた。大引けでは25日線との乖離率が-3.70%と売られ過ぎゾーンの-5%ラインを上回った。一目均衡表では基準線と転換線がともに横ばいで引け、ボリンジャーバンド(25日ベース)では-2σ(28020.71円)ラインも回復、下値拡張リスクは一旦後退した模様だ。ただ、13週線は下向きに転じており、下値不安を残して週末を迎えた格好だ。
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均