市場ニュース

戻る

【特集】あの食料品銘柄も、売買益期待が最大そして次に大きいトップ30は?

第2回 強い投資家はどんな人~日本株投資家3900人調査で解明!(データ分析・全体編)

筆者/真弓重孝 = 『株探』編集部・編集統括プロデューサー
ビジネス誌、マネー誌などを経て、2018年4月にみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)に入社。現在に至る。

初回の記事を読む

第1回 「株探-個人投資家大調査」(2021春)のデータ分析・全体編の2回目は、

投資スタイル別の注目指標および情報、
平均的な保有銘柄や投資期間、
今後6カ月の日本株の投資態度や方針
売買益期待が最大&2番目に大きい銘柄について、それぞれトップ30のランキング

――などを紹介する。

まずは投資スタイル別の注目指標・情報を、回答者が多かった順に見ていく。
順番は「グロース」「バリュー」「テクニカル」「テーマ」「イベント」のそれぞれの重視派となり、そして「その他」になる(第1回参照)。

このうち「その他」を除いた5つのスタイルについては確認していく。

まず強調したいのが、「テーマ」重視派を除いた4つの投資スタイルで、「時価総額の水準」が1位もしくは3位にランクインしていたことだ。

株式投資の情報では株価に主体が置かれることが多いが、個人投資家は投資の王道である時価総額の水準を注目している実態を改めて確認できた。

なお「テーマ」派へはテーマに関する質問に限定した。他のスタイル同様に、時価総額について聞いていれば、同じく注目指標の上位に入った可能性は高いとみられる。

グロース派のトップは利益成長、バリュー派は潜在的な収益力の水準がトップ

それでは、ここから個別の回答内容を見ていこう。

ます回答者が最も多かったグロース投資派のトップは「利益の成長性」となり、その次が「売上高の成長性」になった。

■グロース投資派が重視する指標&情報
【タイトル】
注:4つまでの複数回答。回答数4275

バリュー派のトップは「潜在的な収益力(企業価値)に対して割安」、次に「PERもしくはPBRの水準」となり、僅差で時価総額そして配当利回りの水準が続いている。

■バリュー投資派が重視する指標&情報
【タイトル】
注:4つまでの複数回答。回答数4139

テクニカル派は出来高の増減、GCおよびDCが

テクニカル・需給派の上位は、時価総額の水準がトップ。おそらく需給面から時価総額の水準が株価の変動を読む上で欠かせない情報として見ている可能性がある。3番目に入った「出来高の増減」はファンダメンタルズを重視する投資家が、テクニカル面で注目する指標に挙がることも多く、いわば王道の指標となる。

■テクニカル・需給派が重視する指標&情報
【タイトル】
注:4つまでの複数回答。回答数2695

テーマ派は、「その他」を除くと「脱炭素・クリーンエネルギー」関連がトップで、半導体関連、EV(電気自動車)関連となっている。

■テーマ投資派が重視する指標&情報
【タイトル】
注:4つまでの複数回答。回答数1359

イベント投資派はトップが「時価総額の水準」で、次が「その他」、そして3番目が「大株主の保有割合の変化」となり、僅差で「決算・業績」関連になっている。

■イベント投資派が重視する指標&情報
【タイトル】
注:4つまでの複数回答。回答数1802

保有銘柄数は10以下が過半、投資期間は1年未満の短中期派が約8割

保有銘柄数と平均的な投資期間、信用取引の利用動向は以下の通り。

保有銘柄は5以下が約30%、6~10以下が約25%。これは投資歴や保有資産の水準、投資スタイルなどで特徴があると見られ、後日の分析に回す。

平均的な投資期間は1年以上の長期派は22%で、1カ月以上~1年未満が最も多かった。

信用取引については、「していない」が6割を超え、その次が「買いと売りの両方」で2割超を占めた。

■保有銘柄の数
【タイトル】
注:回答数3920

■平均的な投資期間
【タイトル】
注:2つまでの複数回答。回答数5606

■信用取引の利用動向
【タイトル】
注:1つのみ選択。回答数3920

今後6カ月の見通しは強気が半数近くも、投資方針および態度は慎重

今後6か月の日本株相場の見通しを聞いたところ、強気派が最も多かった。

一方で、自身の投資方針や態度について聞くと、強弱がまだらで、個人投資家全体の方向感は分散している様相だ。

まず、日本株への資産配分は変えない人が半分近く占めた。次に「配分を高める」人が続き、3番目が「配分を低める」としている。

一方で投資態度では、「リスクを抑え資産を守る」と「リスクを取り、リターンを狙う」人が拮抗している。

今後6カ月の日本株の主な狙い方は、グロース関連の項目がトップと2番目になり、3番目が期待のテーマとなった。

最後に回答時点での売買益(キャピタルゲイン)期待が最も大きい銘柄のランキング上位30と、同期待が2番目に大きい銘柄のランキング上位30を掲載する。

なお、同ランキングにはいずれも『株探』を運営するミンカブ・ジ・インフォノイド<4436>が入っていたが、前回記事でも案内しているように、当調査の告知がミンカブの運営するサイトやメールマガジンを主体に実施したことを鑑み、ランキングから除外している。

■今後6カ月先の日本株相場に対する見通し
【タイトル】
注:1つのみ選択。回答数3920

■今後6カ月先の投資配分の方針
【タイトル】
注:1つのみ選択。回答数3920

■今後6カ月の投資態度
【タイトル】
注:1つのみ選択。回答数3920

■今後6カ月先の日本株の主な狙い方
【タイトル】
注:1つのみ選択。回答数3920

■売買益期待が最も大きい銘柄
順位銘柄名<コード>
1ファーマフーズ<2929>
2三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>
3QDレーザ<6613>
4ソフトバンクグループ<9984>
5レーザーテック<6920>
6ENEOSホールディングス<5020>
7日本郵船<9101>
7ソニーグループ<6758>
9武田薬品工業<4502>
10楽天グループ<4755>
11日本航空<9201>
12オリックス<8591>
12マネックスグループ<8698>
14伊藤忠商事<8001>
15ANAホールディングス<9202>
16東京エレクトロン<8035>
17KDDI<9433>
17任天堂<7974>
17トヨタ自動車<7203>
20エムスリー<2413>
20三菱商事<8058>
20日本電産<6594>
23チェンジ<3962>
24シンバイオ製薬<4582>
24オリエンタルランド<4661>
26三井住友フィナンシャルグループ<8316>
26村田製作所<6981>
26ユーグレナ<2931>
29フェローテックホールディングス<6890>
29コニカミノルタ<4902>
注:回答数は1511。順位は回答数の多い順

■売買益期待が2番目に大きい銘柄
順位銘柄名<コード>
1三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>
2オリックス<8591>
3QDレーザ<6613>
4ソフトバンクグループ<9984>
5ソニーグループ<6758>
5ファーマフーズ<2929>
5レーザーテック<6920>
8武田薬品工業<4502>
8ENEOSホールディングス<5020>
10トヨタ自動車<7203>
11マネックスグループ<8698>
11伊藤忠商事<8001>
13日本郵船<9101>
14三菱商事<8058>
15ラクス<3923>
15エムスリー<2413>
17千代田化工建設<6366>
17楽天グループ<4755>
19神戸物産<3038>
20NTT<9432>
21ANAホールディングス<9202>
22リミックスポイント<3825>
23ニューラルポケット<4056>
23良品計画<7453>
23テクノホライゾン<6629>
23シンバイオ製薬<4582>
23任天堂<7974>
28PKSHA Technology<3993>
28新光電気工業<6967>
30三井物産<8031>
注:回答数は1160。順位は同上

本コラムの記事一覧を見る


★1日~5日に「ゴールデンウイーク特集」などを一挙、"32本"配信します。ご期待ください。
        →→ 「ゴールデンウイーク特集」の記事一覧をみる


※当該情報は、一般情報の提供を目的としたものであり、有価証券その他の金融商品に関する助言または推奨を行うものではありません。

株探ニュース

日経平均