市場ニュース

戻る

【市況】【↑】日経平均 大引け| 反発、一時3万円回復も利益確定売りで伸び悩む (4月9日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  29865.53
高値  30064.35(09:07)
安値  29768.06(15:00)
大引け 29768.06(前日比 +59.08 、 +0.20% )

売買高  11億2338万株 (東証1部概算)
売買代金  2兆7555億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は前日比59円高と反発、朝方に一時3万円回復
 2.前日のNYダウは57ドル高、米長期金利低下で買い優勢
 3.東京市場はハイテク株など堅調も上値では利益確定売りも
 4.レーザーテクや信越化、アドテストなど半導体関連が高い
 5.ファストリやSBG、東芝、セブン&アイなどが売られる

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比57ドル高と続伸した。米長期金利の低下を受け、ハイテク株を中心に買いが優勢となった。

 東京市場では、日経平均株価は反発。ハイテク株などが買われ一時3万円を回復したが、利益確定売りに押され買い一巡後は伸び悩んだ。

 前日の米株式市場では、NYダウが続伸。米長期金利の低下を受け、買い先行で堅調だった。この日の東京市場も米国株高の追い風を受け、値を上げてスタート。半導体関連などハイテク株が牽引役となり、朝方に日経平均は300円を超す上昇で一時3万円を回復する場面があった。ただ、上値では利益確定売りが流入し、その後は上昇幅が縮小。後場にかけては伸び悩む展開となった。

 個別銘柄では、レーザーテック<6920>やアドバンテスト<6857>、SUMCO<3436>、信越化学工業<4063>など半導体関連株が高い。ソニーグループ<6758>や任天堂<7974>、エムスリー<2413>が値を上げた。ファナック<6954>やキーエンス<6861>、SMC<6273>も堅調だった。
 半面、ファーストリテイリング<9983>やソフトバンクグループ<9984>が安く、東芝<6502>やセブン&アイ・ホールディングス<3382>、村田製作所<6981>が値を下げた。日本航空<9201>や住友金属鉱山<5713>、三井物産<8031>が軟調だった。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はオリンパス <7733> 、テルモ <4543> 、アドテスト <6857> 、信越化 <4063> 、ソニーG <6758> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約68円。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、SBG <9984> 、東エレク <8035> 、セブン&アイ <3382> 、リクルート <6098> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約134円。うち111円はファストリ1銘柄によるもの。

 東証33業種のうち上昇は24業種。上昇率の上位5業種は(1)精密機器、(2)海運業、(3)その他金融業、(4)電気・ガス業、(5)水産・農林業。一方、下落率の上位5業種は(1)鉱業、(2)鉄鋼、(3)非鉄金属、(4)小売業、(5)石油石炭製品。

■個別材料株

△イルグルム <3690> [東証M]
 3月売上高20.7%増で前月の伸び率上回る。
△SHIFT <3697>
 今上期は売上高急増で営業利益も20%増。
△C&R <4763>
 22年2月期は2ケタ営業増益で1円増配見込む。
△ソニーG <6758>
 東海東京調査センターが目標株価1万5000円に引き上げ。
△ニレコ <6863> [JQ]
 半導体装置向け光学分野注力もPBRは超割安圏。
△スリーエフ <7544> [東証2]
 個店力強化で22年2月期営業益予想2.1倍。
△松田産業 <7456>
 貴金属取扱量拡大と市況高の恩恵。
△コジマ <7513>
 上期経常が2.9倍増益で着地・自社株買いも発表。
△インテリクス <8940>
 未定としていた21年5月期営業利益は87%増見込む。
△USENHD <9418>
 コンテンツ配信好調で21年8月期業績予想を上方修正。

▼北興化 <4992>
 農薬苦戦し第1四半期営業益19%減。
▼ファストリ <9983>
 21年8月期営業利益予想を上方修正も反応限定的。


 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)インテリクス <8940> 、(2)C&R <4763> 、(3)SHIFT <3697> 、(4)USENHD <9418> 、(5)コジマ <7513> 、(6)シンシア <7782> 、(7)日本通信 <9424> 、(8)Mラインズ <3901> 、(9)ワタベ <4696> 、(10)ネオジャパン <3921> 。
 値下がり率上位10傑は(1)北興化 <4992> 、(2)ランド <8918> 、(3)東芝 <6502> 、(4)ローソン <2651> 、(5)東京機 <6335> 、(6)サンケン <6707> 、(7)三光合成 <7888> 、(8)オンワード <8016> 、(9)Jテック・C <3446> 、(10)日理化 <4406> 。

【大引け】

 日経平均は前日比59.08円(0.20%)高の2万9768.06円。TOPIXは前日比7.61(0.39%)高の1959.47。出来高は概算で11億2338万株。東証1部の値上がり銘柄数は1293、値下がり銘柄数は792となった。日経ジャスダック平均は3952.46円(9.14円高)。

[2021年4月9日]


株探ニュース

日経平均