市場ニュース

戻る

【注目】明日注目すべき【好決算】銘柄 インソース、SBテク、ペガサス (22日大引け後 発表分)

インソース <日足> 「株探」多機能チャートより

 22日の大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 インソース <6200>   ★今期経常を46%上方修正・最高益予想を上乗せ
 ◆21年9月期の連結経常利益を従来予想の14.5億円→21.1億円に45.5%上方修正。増益率が82.4%増→2.7倍に拡大し、従来の2期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。第2四半期に実施する研修案件が増加したうえ、新人研修の受注も好調で、売上高が計画を上回ることが寄与。オンライン研修の構成比率が上昇することも利益拡大につながる。

 プラネット <2391> [JQ]  ★上期経常は一転20%増益で上振れ着地
 ◆21年7月期上期(20年8月-21年1月)の経常利益(非連結)は前年同期比20.0%増の3.8億円に伸び、従来の1.6%減益予想から一転して増益で着地。EDI通信処理料と販売レポートサービス利用料の伸長で増収を確保したことに加え、コロナ禍で調査費や旅費などの費用が減少したことも大幅増益の要因となった。

 SBテク <4726>   ★今期経常を3%上方修正・最高益予想を上乗せ
 ◆21年3月期の連結経常利益を従来予想の36億円→37億円に2.8%上方修正。増益率が18.7%増→22.0%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。ソフトバンク向けのベンダーマネジメント案件の拡大や新規連結子会社の上積みで、売上高が計画を上回ることが寄与。先行投資などを吸収し利益上振れを見込む。

 MORESC <5018>   ★今期経常を33%上方修正
 ◆21年2月期の連結経常利益を従来予想の7.5億円→10億円に33.3%上方修正。減益率が52.2%減→36.2%減に縮小する見通しとなった。売上高の4割を占める自動車市場における日本や中国などの生産回復が追い風になるほか、経費抑制が想定を上回るペースで進捗していることが上振れの要因。

 ペガサス <6262>   ★今期最終を4億3500万円に上方修正
 ◆21年3月期の連結最終損益を従来予想のトントン→4億3500万円の黒字(前期は2億0600万円の赤字)に上方修正した。大阪市福島区に保有する土地・建物(事務所)の売却に伴い、売却益5億円を計上することが最終利益を押し上げる。

株探ニュース

日経平均