市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 2月21日版

日経平均は4月頃まで堅調に推移する可能性が大きくなった
1. 本年前半の日経平均株価は急上昇した後の急落場面にならない
  日経平均株価は今年から来年前半までの期間で、1989年12月29日につけた史上最高値3万8957円へ接近するか、超える展開になる可能性があると見ています。
 実際にそのような展開になるには、まず本年前半にしっかりとした上昇の流れを作り、前回紹介した上値の目安である3万3000円程度まで上げている必要があります。1年間がとんでもない上げ幅になるには、いつも表れている上げ幅程度など、前半の上げ局面で達成できていなければ、表れるはずもありません。
 日経平均株価は現在、上げやすい時期へ入り、はっきりとした上昇の流れを作り、上値目標値を目指す展開となっています。日経平均株価の流れを止めてしまうような政策転換など考えられない状況です。昨年のように、2月中旬から流れが変化して、値幅の伴った下げ場面へ入る展開など考えられません。
 2月以降に価格が下げて、3~6月の期間で年の前半の最安値をつけている場合は、景気が悪いにもかかわらず、政府が積極的な金融政策、経済対策を決定できず、年明け後、すぐにズルズルと下値を掘り下げる動きになっているか、通貨危機や地震、コロナなど流れを急変させる事象が発生して、1月、2月の安値を下抜く展開になっています。
 本年は2月にしっかりと上昇したことで、少なくとも4月頃まで上値を試す動きを継続する公算です。
 現時点で考えなければいけないことは、この上昇がいつ終わるのかということではなく、4月までの期間、どのような動き方となって高値を更新するかです。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均