市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 2月7日版

日経平均は週明け後に上昇継続なら、月内に3万円達成か
1. NYダウが日柄と値幅の伴った調整に入る前の動き方
  NYダウは調整期間が長く、下げ幅の大きな動きへ入る前に、「戻り高値を切り下げる動き」「小幅なジグザグで上値、下値を切り下げる動き」を経過して、下げ幅の大きな動きへ入る傾向があります。
 昨年3月から12月までの上昇局面で、最も(高値を更新できない期間の)日柄と下げ幅の大きかった調整は、9月3日から10月30日までの動きです。価格は、9月3日に戻り高値2万9199ドルをつけた後に下降を開始しましたが、9月24日に押し目をつけて、いったん値を戻す動きとなっています。その上げが2万9199ドルを超えられず、10月12日の高値2万8957ドルで上値を抑えられて、再度下値を試す流れへ入り、10月30日の安値2万6143ドルまで下げています。
 10月12日の高値が戻り高値になる過程では、すぐに大幅下落せず、10営業日程度、小幅に上値、下値を切り下げるジグザグを経過した後、10月26日に下げが勢いづいています。
 前週末は1月21日の高値3万1272ドルを超えられずに上値を抑えられて、昨年10月12日の足型と同様、上ヒゲのある小陽線をつけています。
 現在が日柄と値幅の伴った調整の途中なら、2月8日以降はジグザグに徐々に下値を切り下げて、上値の重さを確認する作業になると考えられます。
 週明け後、2月5日の高値3万1252ドルを超えられずに上値を抑えられて陰線引けする展開になるのなら、下降を開始する可能性を考えておく必要が出てきます。
 一方で、現在が上昇の流れの途中なら、週明け後に一気に3万1272ドルを超える展開になるか、価格が下げても5日の安値3万1083ドル付近で下値を支えられて、上値、下値を切り下げる動きを作らず、すぐに上昇を開始すると考えられます。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均