市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 12月6日版

NYダウ、日経平均株価は12月も上昇継続の可能性が出てきた
1.NYダウは週明け後も上昇を継続する公算
 11月23日の本コラムでは、 NYダウが11月に月初から月末まで上昇の流れを作る場合、12月の価格がほとんど下げないで推移するか、上昇すると書きました。
 ほとんど下げないという目安は、だいたい100ドル幅以内になります。本年11月の終値が2万9638ドルなので、12月に価格が下げる場合でも終値は2万9500ドル程度の地点になると推測できます。
 チャートを見ると、11月24日以降の価格は、11月30日までの期間で、終値で上値、下値を切り下げる流れを作り、12月3日まで6営業日の期間、戻り高値を更新できませんでした。
 12月がいったん下げてから値を戻す動きになる場合、12月4日は11月24日の高値3万0116円を超えられずに上値を抑えられて、下値を試す動きになっていたと考えられます。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均