市場ニュース

戻る

【注目】【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (11月27日発表分)

東京ドーム <日足> 「株探」多機能チャートより

 【好材料】  ――――――――――――

■システム・ロケーション <2480> [JQ]
今期最終を一転44%増益に上方修正・最高益更新へ。

■ゲオホールディングス <2681>
発行済み株式数の3.48%にあたる153万0536株の自社株を消却する。消却予定日は12月31日。

■ブロッコリー <2706> [JQ]
ブシロード <7803> [東証M]と資本業務提携。

■ジェイホールディングス <2721> [JQ]
今期最終を81%上方修正・20期ぶり最高益更新へ。

■アルフレッサ ホールディングス <2784>
再生医療等製品を開発するメトセラと資本提携。

■テリロジー <3356> [JQ]
自社開発RPAツール「EzAvater」をCAICAテクノロジーズが提供開始。

■TOKYO BASE <3415>
立会外分売を中止。13日の立会外分売発表後、株価が11.9%下落しており、分売人から中止の申し出を受けた。

■アルファクス・フード・システム <3814> [JQG]
中期経営計画を策定。23年9月期に営業損益8.8億円の黒字(20年9月期は5億円の赤字)を目指す。

■大和コンピューター <3816> [JQ]
8-10月期(1Q)経常は14%減益も対上期進捗は過去平均を超過。

■カヤック <3904> [東証M]
広告事業やeスポーツ事業を展開するSANKOの株式を取得し子会社化する。

■ソルクシーズ <4284>
今期配当を17円に修正。

■バルテス <4442> [東証M]
東証が30日付で貸借銘柄に選定。

■塩野義製薬 <4507>
抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ」の日本におけるインフルエンザウイルス感染症予防に関する効能・効果追加承認を取得。

■ゼリア新薬工業 <4559>
スイス子会社のティロッツ・ファーマがアステラス製薬 <4503> からクロストリジウム・ディフィシル感染症治療剤「ディフィクリア錠」の欧州、中東、アフリカ、独立国家共同体における製造販売承認を譲受。取得額は約134億円。

■キョーリン製薬ホールディングス <4569>
ニューキノロン系注射用抗菌剤「ラスビック点滴静注キット150mg」の製造販売承認を取得。

■オハラ <5218>
前期経常を赤字縮小に上方修正、未定だった配当は5円減配。

■土木管理総合試験所 <6171>
東証が30日付で貸借銘柄に選定。

■ロゼッタ <6182> [東証M]
オツルとAI通訳/議事録作成ツールの開発で資本業務提携。また、ハートコアとプロセスマイニング・タスクマイニング領域で業務提携。

■インソース <6200>
「令和3年度福岡県職員研修業務委託先選定に係る企画提案」の第1位の委託先候補者に選定。

■ユー・エム・シー・エレクトロニクス <6615>
非開示だった今期最終は赤字縮小へ。また、豊田自動織機 <6201> に882万3530株など計3先を引受先とする1323万5296株の第三者割当増資を実施する。

■ミナトホールディングス <6862> [JQ]
大型商業施設「イオンモール上尾」に超薄型サイネージ「WiCanvas」20台を納入。

■識学 <7049> [東証M]
ジオコード <7357> [JQ]株式の売却に伴い、21年2月期第3四半期に売却益7100万円を営業外収益として計上する。

■アドヴァン <7463>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.6%にあたる23万株(金額で3億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は11月30日から12月22日まで。

■トランザクション <7818>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.34%にあたる10万株(金額で1億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は12月1日から21年1月12日まで。

■トーイン <7923> [JQ]
21年3月期に投資有価証券売却益2.3億円を特別利益に計上する。柏第三工場拡張工事資金の一部として活用する。

■平和不動産 <8803>
東京都が実施する「金融系外国企業・人材に対する一時的オフィス提供事業」のオフィス事業者に選定。

■佐渡汽船 <9176> [JQ]
20年12月期に投資有価証券売却益4684万円を特別利益に計上する。

■東京ドーム <9681>
三井不動産 <8801> がTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化を目指すと正式発表。TOB価格は1株1300円で27日終値を24.2%上回る水準。買い付け期間は11月30日から21年1月18日まで。

■プレナス <9945>
今期経常を一転黒字に上方修正。

 【悪材料】  ――――――――――――

■クスリのアオキホールディングス <3549>
11月既存店売上高は前年同月比4.6%減と4ヵ月連続で前年割れとなった。

■サイオス <3744> [東証2]
連結子会社のオフィス移転に伴い、20年12月期に特別損失約4300万円を計上する。

■東洋電機製造 <6505>
非開示だった今期経常は59%減益へ。

■ANAホールディングス <9202>
国内外で1億2631万株(海外追加分上限456万株含む)の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限1369万株の第三者割当増資を実施する。発行価格は12月7日から9日までのいずれかの日に決定。

■太洋物産 <9941> [JQ]
前期は債務超過に転落、今期最終は黒字浮上へ。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

■恵和 <4251> [東証2]
東証が12月17日付で市場1部に指定する。一方、70万株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限20万株の第三者割当増資を実施するほか、長村惠弌社長らが保有する70万株の株式売り出しを行う。

※11月27日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2020年11月29日]

⇒⇒ プレミアム専用 和島英樹の「明日の好悪材料Next」 はこちら

株探ニュース

日経平均