市場ニュース

戻る

【市況】【↓】日経平均 大引け| 続落、一時プラス圏に浮上も方向感に欠ける展開 (8月6日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  22471.71
高値  22587.75(10:36)
安値  22362.89(13:25)
大引け 22418.15(前日比 -96.70 、 -0.43% )

売買高  10億7978万株 (東証1部概算)
売買代金  1兆9955億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は前日比96円安と続落、前場には一時プラス圏に浮上も
 2.5日のNYダウは373ドル高、新型コロナワクチンに対する期待強まる
 3.方向感に欠け、東証1部の売買代金は2兆円割れと様子見姿勢が強い
 4.後場に決算発表したトヨタは第1四半期の営業黒字を好感し値を上げる
 5.決算内容が評価されたシャープやディーエヌエ、いすゞなどが買われる

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比373ドル高と4日続伸した。新型コロナウイルスのワクチン開発期待が膨らんだほか、動画配信契約が好調なディズニーが買われ指数を押し上げた。

 東京市場では、日経平均株価は続落。前場には一時プラス圏に浮上する場面もあったが、薄商いのなか後場にかけて軟調な展開が続いた。

 5日の米株式市場では、NYダウが4日続伸。ただ、東京市場は全体相場の上値は重く小幅安でスタート。その後、買いが優勢となり前場では一時70円強上昇する場面もあった。しかし、買い一巡後は売り直され下げ幅は拡大した。後場に決算発表を行ったトヨタ自動車<7203>は、第1四半期の連結営業利益が大幅減益ながら黒字を確保したことが好感され値を上げたが、トヨタの株価動向が全体相場に与えた影響は限定的だった。東証1部の売買代金は2兆円割れと様子見姿勢が強い。

 個別銘柄では、ソフトバンクグループ<9984>やソニー<6758>が安く、レーザーテック<6920>が売られた。東京エレクトロン<8035>やアドバンテスト<6857>も値を下げた。決算発表を受け、ホンダ<7267>が売られた。JR東日本<9020>やオリエンタルランド<4661>、メルカリ<4385>も軟調だった。
 半面、任天堂<7974>やキーエンス<6861>、ファーストリテイリング<9983>が高く、日本電産<6594>やZホールディングス<4689>が値を上げた。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>や三井住友フィナンシャルグループ<8316>がしっかり。好決算の発表でシャープ<6753>やディー・エヌ・エー<2432>、いすゞ自動車<7202>などが買われた。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はヤマハ <7951> 、トヨタ <7203> 、ファストリ <9983> 、エムスリー <2413> 、オリンパス <7733> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約28円。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄は東エレク <8035> 、ファナック <6954> 、ホンダ <7267> 、アドテスト <6857> 、SBG <9984> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約69円。

 東証33業種のうち上昇は14業種。上昇率の上位5業種は(1)保険業、(2)鉱業、(3)石油石炭製品、(4)非鉄金属、(5)建設業。一方、下落率の上位5業種は(1)食料品、(2)陸運業、(3)倉庫運輸関連、(4)電気・ガス業、(5)不動産業。

■個別材料株

△UT <2146>
 4-6月期(1Q)経常は7%増益で着地。
△ソリトン <3040>
 上期経常が5倍増益で着地・4-6月期は黒字浮上。
△ヒラキ <3059> [東証2]
 未定としていた21年3月期は営業49%増益見通し。
△ロードスター <3482> [東証M]
 上期経常が59%増益で着地・4-6月期も2.4倍増益。
△北越メ <5446> [東証2]
 4-6月期経常は3.5倍増益で上期計画を超過。
△日本精鉱 <5729> [東証2]
 第1四半期営業益45%増で上半期計画を超過。
△コンテック <6639> [東証2]
 4-6月期(1Q)経常は5.2倍増益で着地。
△シャープ <6753>
 未定としていた21年3月期の純利益2.4倍増見通し。
△フォースタ <7089> [東証M]
 三井住友銀などSMBCグループ企業と業務提携へ。
△KYCOM <9685> [JQ]
 4-6月期(1Q)経常は8.2倍増益で着地。

▼アルフレッサ <2784>
 21年3月期業績予想を下方修正。
▼ゼネテック <4492> [JQ]
 非開示だった今期経常は66%減益。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ディーエヌエ <2432> 、(2)UT <2146> 、(3)ソリトン <3040> 、(4)カドカワ <9468> 、(5)アウトソシン <2427> 、(6)日本化 <4092> 、(7)日総工産 <6569> 、(8)ワールド <3612> 、(9)日本トリム <6788> 、(10)ミルボン <4919> 。
 値下がり率上位10傑は(1)日シス技術 <4323> 、(2)グレイス <6541> 、(3)コロプラ <3668> 、(4)アルフレッサ <2784> 、(5)Uアローズ <7606> 、(6)サントリBF <2587> 、(7)保土谷 <4112> 、(8)enish <3667> 、(9)河西工 <7256> 、(10)アズワン <7476> 。

【大引け】

 日経平均は前日比96.70円(0.43%)安の2万2418.15円。TOPIXは前日比4.83(0.31%)安の1549.88。出来高は概算で10億7978万株。東証1部の値上がり銘柄数は852、値下がり銘柄数は1251となった。日経ジャスダック平均は3434.34円(3.35円安)。

[2020年8月6日]


株探ニュース

日経平均