市場ニュース

戻る

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 GMO-FH、テラプローブ、GMO-AP (20日大引け後 発表分)

GMO-FH <日足> 「株探」多機能チャートより

 20日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 GMO-FH <7177> [JQ]  ★非開示だった上期経常は83%増で2期ぶり最高益へ
 ◆20年12月期上期(1-6月)の業績予想は連結経常利益が前年同期比82.8%増の76.5億円に拡大する見通しとなった。第1四半期から継続して店頭FXやCFDの取引高が増加し、トレーディング損益が大きく改善したことが寄与。株式委託売買代金の増加などで受入手数料が伸びたことも収益を押し上げた。

 テラプローブ <6627> [東証M]  ★上期最終を3.3倍上方修正
 ◆20年12月期上期(1-6月)の連結最終損益を従来予想の8500万円の黒字(予想レンジ中値)→2億8000万円の黒字(前年同期は4億5600万円の赤字)に3.3倍上方修正した。新型コロナウイルス感染症の売上高へのマイナス影響が想定の範囲に留まったことに加え、為替差益が発生したことなども利益を押し上げた。

 GMO-AP <4784> [JQ]  ★今期経常を35%上方修正
 ◆20年12月期の連結経常利益を従来予想の3.2億円→4.3億円に35.0%上方修正。減益率が36.6%減→14.5%減に縮小する見通しとなった。投資先ファンドの株式売却に伴う投資有価証券評価益の発生などが利益上振れの要因となる。

株探ニュース

日経平均