市場ニュース

戻る

【材料】サムコが続急騰、好決算先取りの買いで19年ぶり上場来高値更新

サムコ <日足> 「株探」多機能チャートより
 サムコ<6387>の上げ足が加速している。株価は4連騰できょうは261円高の2861円まで買われ、2001年5月につけた上場来高値2666円(分割後修正値)を上回り、約19年ぶりに上場来高値更新となった。半導体製造装置メーカーで化合物半導体用に強みを持ち、プラズマCVD装置やドライエッチング装置などで5G関連などの需要を取り込んでいる。ここ日米ともに半導体セクターの株価が強い動きを示しており、前日の米国株市場では全体指数は大きく下げたものの、画像処理半導体大手のエヌビディアが最高値を更新するなど強さを発揮した。東京市場でも中小型の成長力の高い半導体関連株に相次いで物色の矛先が向いている。同社の20年7月期営業利益は前期比2.6倍の8億6000万円を見込んでおり、決算期末を目前にして好決算を先取りする買いが流入している。

出所:MINKABU PRESS

日経平均