市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):マーケットE、多摩川HD、ブイキューブ

マーケットE <日足> 「株探」多機能チャートより
■マーケットE <3135>  2,263円  +400 円 (+21.5%) ストップ高   本日終値
 マーケットエンタープライズ<3135>が急反騰。同社はネットでリユース品を取り扱っており、国内でも新型肺炎の感染拡大で外出せずに在宅の割合が増えるなか、巣ごもり消費の一角を担う銘柄として見直し買いの動きが出ている。株価は20年6月期第2四半期(19年7~12月)営業利益が前年同期比倍増となる3億900万円と好調だったが、株価は全体地合い悪のなか利益確定売りにマドを開けて水準を切り下げていた。実態面は良好で目先リバウンドを見込んだ買いが集中している。

■アクリート <4395>  929円  +150 円 (+19.3%) ストップ高   本日終値
 アクリート<4395>が大幅高で3日ぶりに反発。18日の取引終了後、NTTドコモ<9437>、KDDI<9433>、ソフトバンク<9434>の「+メッセージ」公式アカウントサービスを一元的に企業や自治体などに提供するサービスを開始すると発表しており、これが好感された。同サービスは、携帯電話番号を用いて企業や自治体などが個人に対してメッセージを送信する際に、「+メッセージ」利用者にはリッチコンテンツなどを含むメッセージを、「+メッセージ」非利用者にはSMSによるテキストメッセージを送るというサービス。アクリートが保有特許を活用して行い、配信プラットフォームがメッセージ送信手段、コンテンツを適切に選択することで、利用企業は送信先ユーザがどちらを利用できるのかを意識することなく送信することが可能となるのが特徴という。20年3月以降、パートナー企業によるトライアルの受付を開始する予定。なお、20年12月期業績への影響は軽微としている。

■多摩川ホールディングス <6838>  2,741円  +319 円 (+13.2%)  本日終値
 多摩川ホールディングス<6838>が急騰。前週末14日に発表された19年4~12月期決算を境に利益確定売りを急ぐ動きが出て株価を急落させたが、前日後場から売られ過ぎとみた押し目買いの動きが顕在化した。きょうは、全体相場が落ち着きを取り戻しており、これまで売り込まれた中小型株のリバウンドを狙う動きが活発、同社株もその一角に入っている。回路素子や計測器の開発販売を行うが、次世代通信規格「5G」関連機器の受託開発も手掛け、受注高の拡大に反映されている。5Gの国内商用化を目前に関連有力株として注目度が高まっている。

■ニューテック <6734>  2,022円  +199 円 (+10.9%)  本日終値
 ニューテック<6734>が大幅続伸。ストレージ開発・販売主力とし、人工知能(AI)やディープラーニング分野にも積極的に踏み込み、企業や大学、研究機関向けを中心に「深層学習ワークステーション」を販売するなど需要を開拓している。AI関連株の一角として存在感を高めているが、足もとの業績も好調で20年2月期第3四半期(19年3~11月)営業利益は前年同期比73%増の2億400万円と大幅な伸びを確保した。18日取引終了後、産業機器向け小型NAS製品「Ness4000シリーズ」の販売を3月から開始することを発表、これも目先の株価を刺激する形となっている。

■バリューHR <6078>  3,365円  +310 円 (+10.2%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
 バリューHR <6078> が高い。18日大引け後、3月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施すると発表したことが買い材料視された。最低投資金額が現在の2分の1に低下することから、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いが向かった。

■MRT <6034>  1,244円  +109 円 (+9.6%)  本日終値
 MRT<6034>が大幅続伸、前日は東証マザーズ指数が急落するなか逆行高する強さをみせたが、きょうは投資資金の攻勢が更に加速する格好となった。今年に入り医療ICT関連は投資テーマとして注目されていたが、ここにきて新型肺炎の感染拡大を背景にマーケットの関心が一段と高まっている。同社は非常勤医師の紹介サイトの運営を主力に医療人材サービスを展開するが、遠隔医療分野でもビジネスチャンスを捉えている。注力する「オンライン診療ポケットドクター」の医療機関への拡販が進んでおり業績に寄与している。足もとの業績も決算期変更ながら実質増益基調が続いており、20年12月期以降の収益成長への期待も大きいようだ。

■ブイキューブ <3681>  566円  +47 円 (+9.1%)  本日終値  東証1部 上昇率7位
 ブイキューブ<3681>が急反発。ここ値動きの荒い展開が続いており、前日は朝方カイ気配で始まり急伸後に値を崩し、大引けは10%を超える下落となっていた。きょうは再び上値を指向している。前日引け後に、感染症懸念から開催・参加が危ぶまれる株主総会を支援する特別配信サービス「SCP」の提供を開始することを発表。インターネットを活用して株主総会をライブ中継するもので、これを手掛かり材料に買いを呼び込んだ。

■レカム <3323>  104円  +6 円 (+6.1%)  本日終値
 レカム <3323> [JQ]が急反発。18日大引け後、発行済み株式数(自社株を除く)の1.41%にあたる100万株(金額で1億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は2月19日から3月18日まで。

■日本ケミファ <4539>  2,672円  +148 円 (+5.9%)  本日終値
 日本ケミファ<4539>が後場急動意。この日午後、富士フイルム和光純薬(大阪市中央区)と共同で、ケミファが製造販売するアレルギー検査キット「ドロップスクリーン 特異的IgE 測定キット ST-1」及び測定装置の「ドロップスクリーンA-1」を20日から販売すると発表しており、これが好感された。今回販売を開始するドロップスクリーンは、「微量採血で受診者の負担を軽減し、アレルギー検査をより身近に」というコンセプトで開発された検査キット。1滴の血液(全血、血漿、血清)で41項目のアレルゲンに対する特異的IgE抗体測定を一度にかつ30分という短時間で実施できるため、検査結果を速やかに受診者へ伝えることができるようになるという。

●ストップ高銘柄
 有機合成薬品工業 <4531>  338円  +80 円 (+31.0%) ストップ高   本日終値
 FVC <8462>  980円  +150 円 (+18.1%) ストップ高   本日終値
 テモナ <3985>  697円  +100 円 (+16.8%) ストップ高   本日終値
 アルファクス <3814>  1,050円  +150 円 (+16.7%) ストップ高   本日終値
 クリエアナブキ <4336>  718円  +100 円 (+16.2%) ストップ高   本日終値
 など、7銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

日経平均