市場ニュース

戻る

【市況】東証2部(大引け)=2部指数は3日ぶり反発、昭和化、コーア商HDがS高

東証2部指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 14日大引けの東証2部指数は前日比0.54ポイント高の7166.49ポイントと3日ぶり反発。値上がり銘柄数は107、値下がり銘柄数は324となった。

 個別では昭和化学工業<4990>、コーア商事ホールディングス<9273>がストップ高。キーウェアソリューションズ<3799>、昭和ホールディングス<5103>、ニッキ<6042>、日新商事<7490>、ナラサキ産業<8085>など6銘柄は昨年来高値を更新。新内外綿<3125>、リード<6982>、マナック<4364>、スガイ化学工業<4120>、川本産業<3604>は値上がり率上位に買われた。

 一方、南海辰村建設<1850>、ツヴァイ<2417>、リミックスポイント<3825>、朝日印刷<3951>、ワシントンホテル<4691>など9銘柄が昨年来安値を更新。菊水化学工業<7953>、アジア航測<9233>、ハイパー<3054>、価値開発<3010>、アートスパークホールディングス<3663>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース

日経平均