市場ニュース

戻る

【特集】「マスク」が1位にランクイン、新型ウイルスの感染拡大で需要急増<注目テーマ>

川本産業 <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10

1 マスク
2 コロナウイルス
3 5G
4 半導体
5 インフルエンザ関連
6 インバウンド
7 量子コンピューター
8 サイバーセキュリティ
9 親子上場
10 人工知能

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「マスク」が1位にランクインしている。

 中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が世界的な感染拡大の動きをみせている。きょう安倍首相は、新型肺炎について「指定感染症」に指定すると発表した。厚生労働省は新型肺炎に関して、マスクの着用を推奨している。中国の「春節」の連休で日本を訪れた中国人観光客によるマスクの大量購入が伝えられ、日本国内でも自衛のためのマスク需要が高まるなか、ドラッグストアなどでのマスクの品切れや品薄状態が報道されている。

 こうしたなか、株式市場では川本産業<3604>や興研<7963>、重松製作所<7980>といったマスク関連株に買いが集中している。医療用のサージカルマスクを手掛ける川本産業は、この日で6日連続ストップ高カイ気配。同じく興研は感染対策マスクを手掛けているほか、重松製作所はマスクを含む感染症対策セットを手掛けている。また、ユニ・チャーム<8113>やダイワボウホールディングス<3107>やシキボウ<3109>、富士紡ホールディングス<3104>などのマスク関連株に注目が集まっている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均