市場ニュース

戻る

【通貨】ビットフライヤー、ふるさと納税でビットコインがもらえるキャンペーン実施【フィスコ・ビットコインニュース】

アイモバイル <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のビットフライヤーは、「ふるさと納税をしてビットコインをもらおう!」と題し、ふるさと納税をしてビットコイン(BTC)がもらえるキャンペーンの特集ページを公開した。

同キャンペーンは、同社のサイト「ビットコインをもらう」経由で各ふるさと納税サイトにアクセスし、好きな返礼品を選んでふるさと納税を行うと、後日、寄付額に応じてビットコインが付与される仕組みとなっている。経由できるふるさと納税サイトには、アイモバイル<6535>が運営する「ふるなび」、楽天<4755>が運営する「楽天ふるさと納税」、KDDI<9433>の提供する「Wowma! ふるさと納税」などがある。2019年12月までを期限とし、商品価格の0.6%~1.2%相当のビットコインを受け取ることができるようだ。

ふるさと納税とは、自分が支援したいと思う自治体に対し、寄付することができる制度。自分の出身地域以外でも好きな地域を選ぶことができ、寄附額のうち2000円を超える部分は、所得税と住民税から原則として全額が控除される。寄付すると、返礼品として地域の特産物がもらえることもある。

《HH》

 提供:フィスコ

日経平均