市場ニュース

戻る

【材料】日東電が6日続落、国内大手証券が投資判断を引き下げ

日東電 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日東電工<6988>が6日続落している。SMBC日興証券が投資評価を「2」から「3」とし、目標株価を8800円から5100円に引き下げたことが弱材料視されているようだ。

 同証券では、第1四半期までの実績を反映したほか、インダストリアルテープの収益性向上の遅れ、大型液晶パネル超供給過剰の影響を予想に織り込んだこと、更に核酸医薬の一株当たり企業価値を引き下げたことなどから、21年3月期まで3期連続の減益となる可能性が高くなったと指摘。20年3月期の営業利益予想を968億円から742億円へ、21年3月期を同1082億円から692億円へ引き下げている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均