市場ニュース

戻る

【特集】【今週読まれた記事】チャート重視の“不確実相場”対策

 株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は8月10日から16日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

 米国で“景気後退の予兆”とされる長短金利の逆転(逆イールド現象)がみられ、NYダウ平均が今年最大の下げ幅を記録するなど、世界経済の減速懸念が強まっています。これまで米景気の好調を背景に「米中貿易戦争の激化懸念」による下げはことごとく買い場でしたが、今回は様子が違うのでしょうか。人気相場コラム「植木靖男の相場展望】 ─ 10年来高値更新銘柄の威力」の植木氏は、「株価は世界的な下落相場にある。ときに反発しても、なかなか買いシグナルが灯ることはない」とみており、「あまりにいまの市場環境は不確実性が高い。材料というよりも罫線(チャート)をより重視するときのように思われる」と指摘しています。物色面では“10年来高値を更新した銘柄”に注目。植木氏のコラムは今週も多くのアクセスを獲得し、ランキング上位入りとなっています。

 また、植木氏には今週の<相場観特集>でも見通しを伺っています。底入れの目途など、より踏み込んだ相場予想を語っていただきましたので、併せてご覧下さい。

  植木靖男氏【リスクオフ再び、減速する世界経済と円高の逆風】(1) <相場観特集>
  石川久美子氏【リスクオフ再び、減速する世界経済と円高の逆風】(2) <相場観特集>

 チャートを重視するといえば、「【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 株価反転を呼ぶ“黄金の三空”」の北浜氏は、今週は7月30日から8月6日にかけて日経平均株価の急落局面に現れた“三空叩き込み”について「『株は●●だけ』では勝ちにくいが『三空叩き込み』が出現したら、例外的に『これだけで勝てる』ことがある。今後も出現したら(その前に市場が急落するので出現して欲しくないが)、逃げ出すのではなく買いに転じることも考えたい」と提案しています。北浜氏のコラムは今週も大人気となりました。

 そのほか、以下の相場コラムもよく読まれています。お見逃しなく。

  富田隆弥の【CHART CLUB】 「眠れぬ暑い夜と株式市場」
  植草一秀の「金融変動水先案内」 ―トランプ大統領に振り回される金融市場


 8月14日で4-6月期決算発表の集中期間が終了しました。期間中のアクセスランキングは決算関係の記事が上位を埋め尽くすことになりますが、なかでも特に人気だったのは、引け後のニュースをまとめてチェックできる定番記事【明日の好悪材料】でした。すべての日がトップ10入りの快挙となっています。

  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月9日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月13日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月14日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月15日発表分)

 その日の決算発表から増収増益を達成した企業をリストアップした「“好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集>」は、決算発表集中期間だけの特別記事。一覧でチェックできるので大変便利な記事です。

  “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月9日版
  “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月13日版
  “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月14日版

 数多くの決算発表から注目の企業を選り抜いたスクリーニング記事も多くのアクセスを獲得しています。「利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 24社選出 <成長株特集>」は、8月5日~9日の期間で「4-6月期に過去最高益を更新し、かつ通期計画も最高益を見込む」いわゆる利益成長が“青天井”となっている銘柄をピックアップ。4日に配信した「第1弾」もぜひご覧ください。

 更に、4-6月期(第1四半期)に経常利益が前年同期と比べて“倍増”した銘柄にスポットを当てた「4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 30社選出 <成長株特集>」は、週後半の15日配信にもかかわらず上位にランクイン。〔第2弾〕は18日の19時30分に配信予定です。お見逃しなく。

 【明日の好悪材料】と並ぶ人気記事「★本日の【サプライズ決算】」は、通常配信している【サプライズ決算】を16時に<速報>、18時に<続報>の2本を配信しました。

  ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月09日)
  ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月13日)
  ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月14日)
  ※15日は「該当なし」

 高利回り銘柄などを特集した、<割安株特集>も定番人気となっています。銘柄選択の参考になさってください。

  8月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>
  【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 8月14日版

  5万円以下で買える、増収増益&低PER「お宝候補」25社【東証1部】編 <割安株特集>
  5万円以下で買える、増収増益&低PER「お宝候補」25社【2部・新興】編 <割安株特集>


 先週お知らせした「通期業績『成長性』タブ新設」に続き、四半期業績にも「成長性」タブが追加されました。この告知記事がアクセスランキングで13位という意外な健闘をみせており、「成長性」タブへの注目度が高いことを示しています。

  四半期業績の【成長性】が一目でわかる“新コンテンツ”搭載!

 四半期業績の成長性を見ることにより、季節性を加味した業績動向がわかるだけでなく、直近2~3四半期の収益動向は今後株価が動意づく可能性がある銘柄を選別する条件としても注目されています。告知記事では具体的な使用方法や参考書籍も紹介しています。


 「株探」には投資に役立つ膨大な情報が掲載されていますが、投資初心者の方からは「どこから手をつけてよいかわからない」という声も聞かれます。そこで、株探の上手な利用法をまとめた記事「ゼロから始める『株探』の歩き方」の連載を開始しました。第2回となる「ゼロから始める『株探』の歩き方 ― (2) 意中の銘柄は検索機能で調べよう!」では、銘柄を検索できる「株探検隊」の使い方に始まり、個別銘柄ページの見方を詳しく紹介しています。「株探」をもっと使いこなしたいと思っている方はぜひチェックをお願いいたします。

  ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (1) 株達人への第一歩
  ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (2) 意中の銘柄は検索機能で調べよう!


 投資テーマ関連の記事では、先週のトップとなった「サイバー防衛関連“2019夏の大玉花火”、急騰の宴が近づく5銘柄 <株探トップ特集>」が2週連続のランクイン。そのほか、これから市場拡大が見込まれるテーマを特集した記事がよく読まれています。

  “日の丸技術”次なる舞台へ、「宇宙開発関連」打ち上げ近づく有力株 <株探トップ特集>
  今夏熱く燃えるeスポーツ関連株、成長はまだファーストステージ <株探トップ特集>
  急拡大する市場、“株高の夢”搭載する「トランクルーム関連株」を買え <株探トップ特集>
  温暖化で洪水リスク拡大、「治水」関連株に活躍の時迫る <株探トップ特集>


 「株探プレミアム」専用コラムは、保有資産を200倍の40億円にまで膨張させた“今亀庵さん”を取材した「すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合」の第3回を配信。今回は「長期的に有望視する不動産セクターの相場観や、具体的な銘柄選びの着眼点」について詳しく紹介しています。今亀庵さんの「常識を疑う」という思考法や銘柄選びのポイントなど、投資のヒント満載の記事です。「株探プレミアム専用コラム」は、非会員の方でも1ページ目がご覧いただけます。

 また、株探プレミアムは30日間の無料体験ができます。“プレミアム専用コラム”に加え新機能の“成長性”フル表示、業績予想の修正履歴など多くのコンテンツをご覧いただける株探プレミアム。この機会にぜひ加入をご検討ください。


 その日一日の相場を総括し、翌日の投資戦略を指南する「明日の株式相場戦略」。まとめて読めば今週の流れが一目瞭然となり、より相場への理解が深まります。今週配信した記事は以下の通りです。

  来週の株式相場戦略=ITなど内需株中心の展開か、お盆休みで個別物色も
  明日の株式相場戦略=ピンチがチャンスに変わる瞬間を待つ
  明日の株式相場戦略=上値重いが個別勝負、不動産株に意外性
  明日の株式相場戦略=波乱局面でも投資資金は巡り続ける

株探ニュース

日経平均