市場ニュース

戻る

【材料】東証REIT指数が3年2カ月ぶり高値、FOMC経て長期金利の低下鮮明に

REIT指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 東証REIT指数が3日続伸。一時1960まで上昇し、16年4月以来、3年2カ月ぶりの高値圏に上昇している。19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で年内の利下げが示唆された。これを受け、時間外取引で米10年債は2%割れへ急低下、日本の長期金利も低下基調を強めている。東証に上場するREITの平均の分配金利回りは3.9%前後と高く、金利低下が進むなか投資妙味が一段と膨らんでいる。日本ビルファンド投資法人<8951>やジャパンリアルエステイト投資法人<8952>、日本リテールファンド投資法人<8953>などREITは軒並み高となっている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均