市場ニュース

戻る

【特集】材料難の中で輝く、2-4月期【好決算】リスト 35社選出 <成長株特集>

 1月、4月、7月、10月を本決算月とする企業の19年2-4月期(3ヵ月業績)決算がほぼ出そろった。この時期に決算発表を行う企業は少ないが、手掛かり材料難の東京市場で好業績を達成した企業の株価は大きく買われるものが目立つ。そこで本特集では、2-4月期に経常利益が2ケタ増益を達成した企業をリストアップした(6月14日現在)。

 株探集計によると、本決算月にかかわらず、2-4月期の決算発表を終えた182社のうち、経常損益が前年同期比で増益もしくは黒字転換、赤字縮小した企業は94社だった。下表では、この94社の中から、時価総額70億円以上の銘柄を対象に、2-4月期の経常利益が前年同期比で10%以上増加した35社を選び出し、増益率の高い順に記した。

 増益率トップとなったのは建材と化成品の老舗メーカーである神島化学工業 <4026> [東証2]。直近3ヵ月の2-4月期(第4四半期)は建材事業で付加価値の高い高級軒天ボードや耐火パネルの販売が伸び、経常利益は前年同期の1800万円から2億3400万円に急拡大して着地。あわせて発表した20年4月期の同利益は前期比8.9%増の10億円を見込む。

 4位に入ったアイモバイル <6535> の2-4月期(第3四半期)はふるさと納税サイト「ふるなび」を運営するコンシューマ事業が収益を牽引した。テレビCM効果やふるさと納税制度を見直す法改正前の駆け込み需要で寄付金額が増加し、自治体から受け取る手数料収入が大きく伸びた。18年8月-19年4月期(第3四半期累計)の経常利益がすでに通期計画を大幅に超過しており、業績上振れが濃厚とみられる。なお、決算と同時に株主優待制度の廃止を発表したことが嫌気され、株価は急落する場面があったが、その後は戻り歩調が続いている。

 12位のアイル <3854> [東証2]は主力の販売・在庫管理システムと複数ネットショップ管理システムがともに堅調に推移するなか、販管費の抑制が奏功し、2-4月期(第3四半期)は5四半期連続の増益を達成した。足もとの業績好調を踏まえ、19年7月期の経常利益予想を上方修正したことも評価され、株価は約4年9ヵ月ぶりとなる1500円台に復帰している。

 15位のラクスル <4384> [東証M]は主力のネットで印刷物を注文できる「ラクスル」のユーザー数がテレビCM効果などで新規顧客、既存顧客のリピート購入がともに伸びた。18年8月-19年4月期(第3四半期累計)の経常利益が通期計画の予想レンジ上限をすでに上回っており、業績上振れが期待される。

 18位の神戸物産 <3038> はディスカウント店「業務スーパー」の出店拡大による増収効果に加え、メディアでの紹介などを通じて好採算のプライベートブランド商品も伸び、2-4月期(第2四半期)は9四半期ぶりに過去最高益を達成した。好調な業績を背景に株価は上場来高値を更新中だ。

 23位のポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス <3657> は主力のデバッグ・検証事業でアミューズメント機器向け受託案件が増加した。また、ネットサポート事業ではECサイトのカスタマーサポートに加え、AIによるデータ認識評価やQRコード決済の認証チェックといった新領域のサービスが好調だった。

 24位のHEROZ <4382> [東証M]は法人向けAIサービス「HEROZ Kishin」が建設向け設計支援や金融向け市場予測などの需要を捉え、システム利用料が増えたうえ、スマートフォンアプリ「将棋ウォーズ」の課金収入も伸びた。あわせて発表した20年4月期の経常利益は前期比22.9%増の5億1000万円と3期連続で最高益を更新する見通しだ。

 34位のスリープログループ <2375> [東証2]は主力のBPO事業でフードデリバリーの営業代行や運用支援業務が拡大したほか、コールセンター業務の単価や稼働率が上向いた。また、5G関連の基地局設置案件が具体化するなど、利益率の高いIT通信機器の設定・設置部門も伸び、2-4月期(第2四半期)の経常利益は4四半期ぶりに過去最高を更新した。好決算に加え、人気テーマ「5G関連」としての側面でも脚光を浴び、株価は青空圏を快走する展開が続く。

           ┌ 経常利益 ┐  増益  予想  対象
コード 銘柄名    増益率 2-4月期 連続期数  PER 四半期
<4026> 神島化     1200   234    2  11.1  4Q
<3246> コーセーRE   716   204    2   8.8  1Q
<3653> モルフォ     174   214    1  35.9  2Q
<6535> アイモバイル   122  1069    3  12.1  3Q
<4238> ミライアル   91.5   542    3   -   1Q
<9637> オーエス    76.0   220    3  29.8  1Q
<3421> 稲葉製作    75.7   919    5  22.2  3Q
<1433> ベステラ    75.7   130    3  29.5  1Q
<4369> トリケミカル  69.8   910   13  14.5  1Q
<7435> ナ・デックス  69.0   441    1   8.8  4Q

<6192> HyAS&C  61.9   285    1  25.9  4Q
<3854> アイル     60.2   274    5  30.6  3Q
<6184> 鎌倉新書    60.0   128    6  95.1  1Q
<3031> ラクーンHD  52.9   156    4  28.2  4Q
<4384> ラクスル    49.0   73    1  3194  3Q
<9262> シルバライフ  44.4   270    4  44.4  3Q
<3843> フリービット  40.1  1275    6  24.6  4Q
<3038> 神戸物産    38.9  5442    5  26.5  2Q
<6065> ライクKN   38.5  1687    2   6.4  4Q
<8068> 菱洋エレク   36.7   630    3  37.3  1Q

<7605> フジコーポ   34.9   742    3  10.9  2Q
<9678> カナモト    33.7  7501    1   8.8  2Q
<3657> ポールHD   33.6   700    2  24.2  1Q
<4382> HEROZ   31.4   46    1   388  4Q
<9632> スバル     23.3  1681    1   6.3  1Q
<9636> きんえい    23.3   90    1  81.5  1Q
<9692> シーイーシー  22.2  1648    8  23.8  1Q
<3665> エニグモ    21.9   584    6  34.7  1Q
<3180> Bガレージ   21.3   342    1  21.3  4Q
<2593> 伊藤園     18.4  6627    2  46.3  4Q

<6309> 巴工業     15.1  1119    2  16.1  2Q
<3480> JSB     14.3  3417    1   9.5  2Q
<2391> プラネット   13.9   172    2  28.5  3Q
<2375> スリープロ   13.3   307    5  21.0  2Q
<8842> 楽天地     11.2   386    1  27.7  1Q

※経常利益の単位は百万円。増益率は前年同期に比べた増加率、単位は%。連続期数は四半期ベースの連続回数。
※予想PERの「-」は今期業績予想を非開示の企業。

株探ニュース

日経平均