市場ニュース

戻る

【材料】伊藤園---大幅反落、控えめなガイダンスを弱材料視する動きが先行

伊藤園 <日足> 「株探」多機能チャートより

伊藤園<2593>は大幅反落。前日に19年4月期の決算を発表している。営業利益は228億円で前期比3.5%増益、従来計画230億円はやや下回ったが、第3四半期までの状況からは想定線と捉えられる。一方、20年4月期は230億円で同0.8%増益の予想で、コンセンサスを下回る水準とみられる。6月からの大型PET価格改定を迎える中、収益増への期待感もあったとみられ、控えめなガイダンスを弱材料視する動きが優勢に。
《US》

 提供:フィスコ

日経平均