市場ニュース

戻る

【材料】アピクヤマダがカイ気配、新川のTOB発表受け大量の買い注文

アピクヤマダ 【日足】
多機能チャートへ
アピクヤマダ 【日中足】
 アピックヤマダ<6300>は寄り付き大量の買い注文が流入し、値がつかないまま水準を切り上げる展開。値幅制限上限となる80円高の538円で張りつく可能性が高い。同社は金型技術に強みを持つ半導体製造装置メーカーだが、前日取引終了後、同じく半導体製造装置メーカーでボンディング装置専業の新川<6274>が、同社株に対しTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化を目指すことを発表した。TOB価格は570円で株価はこの水準にサヤ寄せする展開が想定される。なお、きょうは新川も業容拡大期待からカイ気配スタートとなっている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均