市場ニュース

戻る

【市況】NY株式:上昇、米中貿易交渉の進展に期待高まる

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

米国株式相場は上昇。ダウ平均は336.25ドル高の24706.35、ナスダックは72.76ポイント高の7157.23で取引を終了した。中国側が今後6年間に渡る米国からの輸入拡大を提案するなど、米中貿易交渉が進展しているとの見方から買いが先行。概ね良好な10-12月主要企業決算が相次いでいることも好感され、終日堅調推移となった。セクター別では、耐久消費財・アパレルや半導体・同製造装置、運輸などを中心に全面高となった。

アパレルのVFコープ(VFC)は好決算を発表すると共に業績見通しを引き上げ上昇。運輸のJBハント・トランスポート・サービシズ(JBHT)は決算で売上高が予想を上振れ堅調推移。カジノ運営のMGMリゾーツ・インターナショナル(MGM)は、アクティビスト投資ファンドのキース・マイスター氏を取締役に迎えることを明らかにして上昇。一方で動画ストリーミングのネットフリックス(NFLX)は決算で売上高が予想を下回り下落。電気自動車のテスラ(TSLA)は、従業員の7%相当を削減することを発表して大幅下落となった。

21日(月曜日)はキング牧師誕生日の祝日の為、米国株式相場は休場。

(Horiko Capital Management LLC)
《TN》

 提供:フィスコ

日経平均