市場ニュース

戻る

【材料】大成ラミック<4994>のフィスコ二期業績予想

大成ラミック <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年11月23日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

大成ラミック<4994>

3ヶ月後
予想株価
3,000円

液体・粘体包装フィルム、高速自動充填機などを手掛ける。包装フィルム部門が主力。液体包装小袋で国内トップシェア。生産体制の強化等を実施。包装機械部門は売上好調。新規顧客開拓などが奏功。19.3期2Qは増収。

包装フィルム部門は売上堅調。国内は夏物商品等が好調。米州の顧客拡大等も寄与。マレーシアは生産性の改善途上。19.3期通期は2桁営業増益見通し。PBRは1倍台。収益面が重しとなり、株価は上値の重い展開へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/26,920/1,800/1,840/1,250/180.48/70.00
20.3期連/F予/28,000/1,900/1,940/1,300/187.70/70.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/23
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均