市場ニュース

戻る

【材料】マイスターエンジニアリング<4695>のフィスコ二期業績予想

マイスター <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年11月23日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

マイスターエンジニアリング<4695>

3ヶ月後
予想株価
830円

半導体・液晶製造装置、ビル総合管理、スタジオ・ホールの運営管理を展開。ワンストップエンジニアリングサービスを提供。メカトロ関連事業は堅調。半導体・液晶の製造装置関連等が伸びる。19.3期2Qは増収。

エンジニアリング部門は食品関連の画像検査装置が好調。ファシリティ関連事業は売上増。ホテルの総合管理業務等の受注が堅調。19.3期通期は営業増益見通し。株価指標には割安感があり、株価は底堅い展開が継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/19,000/780/800/500/63.17/18.00
20.3期連/F予/19,500/860/880/540/68.22/18.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/23
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均