市場ニュース

戻る

【通貨】外為サマリー:1ドル112円70銭台に上昇、NYダウ先物は堅調推移

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 22日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=112円75銭前後と、前週末午後5時時点に比べ30銭強のドル高・円安となっている。

 欧州時間のドル円相場は堅調な展開で、午後4時ごろには一時112円77銭まで上昇した。中国当局による株価支援措置や米中貿易摩擦の改善期待などを背景に、上海総合指数が大幅高で取引を終えたことでリスク選好的なドル買い・円売りが入りやすくなっているもよう。時間外取引でNYダウ先物が堅調推移となっていることで、今晩の米株高が意識されている面もあるようだ。

 ユーロは対円で1ユーロ=130円02銭前後と同1円30銭強のユーロ高・円安。対ドルでは1ユーロ=1.1532ドル前後と同0.0080ドル強ユーロ高・ドル安で推移している。


出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均