市場ニュース

戻る

【材料】カネカがマドを開けて3連騰、塩ビ樹脂値上げによる収益環境改善を評価する流れに

カネカ <日足> 「株探」多機能チャートより
 カネカ<4118>が3連騰、5000円台前半のもみ合いを経てマドを開けて上値追い態勢を明示している。塩ビ樹脂大手で、19年3月期業績は前期に続き2ケタの利益成長が見込まれている。同社は今月21日出荷分から塩ビ樹脂の価格をキログラム当たり12円の値上げを実施する予定で、収益メリットが意識されている、また、医薬中間体や電子材料への多角化を推進しており、これも業績拡大に貢献している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新日:2018年10月02日 12時51分

日経平均